トイプードル食事以外のダイエットのメリットは?適正体重は?

皆さんのご家族であるトイプードルちゃんはダイエットしていますか?
それは、どんな方法でしょう?

ご飯やおやつを減らす
ダイエットフードに変更

私たちもそうですが、
体重を減らそうとすると、一番取り入れやすいのが食事制限ですよね。

しかし安易な食事制限は食べたい欲求でストレスがたまり、
無駄吠えや、盗み食い、いたずらが増えたり、
体重とともに筋力や体力が落ちてしまう可能性もありますね。
心身ともに不調が起きやすくなります。

そこで、食事以外のダイエットってどうなんだろうと気になりませんか。

食事以外で体重は減るの?
どんなメリットがあるの?
興味はあるけど、なんか大変そう
そんなに時間が取れないしなぁ

そんな皆さんに、今回は食事以外のダイエットのメリットとデメリット
取り入れやすいダイエット方法、そして適正体重についてもお話していきます。

食事以外にこんな方法もあったんだ!
これもダイエットにつながっているのかぁ。
と、新たな発見があるかもしれません。

そして飼い主さんとの絆がより深まる内容となっています。
うちの子にはどれが喜ぶかなぁ、と想像しながらお読みください。

 

食事以外のダイエットのメリットとデメリット

 

この投稿をInstagramで見る

 

くるみたん (Kurumi)(@kurumitaan)がシェアした投稿

メリット

  • 食事制限ではないので、ストレスが少ない
  • 併用して食事制限をしている場合、食事への意識をそらすことができる
  • 足腰の筋力アップにつながり、ヘルニア等の予防も期待される
  • 体を動かすことで関節の柔軟性を保ち、血流を促進して代謝も上がってくる
  • 新たな特技や才能がみつかる可能性がある
  • ワンちゃんとの絆が深まり、今まで以上に良好な関係が築ける
  • 飼い主さんも日常のストレスから解放されリフレッシュできる

デメリット

  • 効果がでるまで時間がかかる
  • 毎日一定時間の時間を要する
  • 無理をさせると足腰の負担に

こうしてみると、時間的な問題はありますが、得られるメリットも大きいと思いませんか?

では実際にどんな方法があるか見てみましょう。
デメリットを払拭できることがあるかもしれません。

 

食事以外のダイエット方法

お散歩

足腰や健康に問題のない子には、やはりこれが一番のおすすめです。
お散歩にはダイエットだけでなく、素晴らしい効果がたくさんあります。

  1. 色々な匂いを嗅ぐことで脳が刺激をされる
  2. 家族以外の人や動物と触れ合うことで社会性や恐怖心が緩和される可能性がある
  3. 変わりゆく景色を五感で感じることで、心身ともにリフレッシュする

ワンちゃんのペースに合わせて、ゆっくりとお散歩をしましょう。

アスファルトではなく、芝生や雑木林などのデコボコした道感触の異なる道、階段や坂などの少し負荷のかかる場所を散歩ルート取り入れると筋力アップにも非常に良いですね。

私が特におすすめなのは砂浜です。砂の感触って硬すぎず柔らかすぎず、でもちゃんと踏ん張らないと前に進めないので、足首のスナップを効かせてちゃんと足を上げて歩くことで、普段使っていない筋肉を鍛えることができ、理想的なウォーキングスタイルに修正することができます。

お散歩前には、関節疾患等の予防に
このようなウォーミングアップをおすすめします。

室内遊び

室内では主に体幹を鍛えるような遊びをすると、
体が安定してくるのでお散歩も長くできるようになり、転倒防止にもなります。

まずは、家にあるものでご紹介します。
その子の体力に合わせて市販のグッズなどを取り入れるさらに効果が期待できるでしょう。

平らでない所を歩く

座布団やクッション、ビーチマットや低反発マット等、足元が不安定なところを歩かせることで、バランス感覚と筋力アップが期待できます。
これは高齢犬のリハビリにも取り入れられているので、体力のない子にも試しやすいですね。

もう少し筋力をつけたい子には、こちらのバランスクッションのご使用をおすすめします。
人間用ですが、動物にも使用されています。

1日1回、30秒程度この上に乗せてバランスを維持させるだけでも効果があるようです。
始めは前足や後ろ足のみ乗せて徐々に慣らしていってください。

こういった体幹トレーニンググッズを使ってみるなど
いろいろと工夫できそうですね。

参考までに、人間用バランスボールに乗せている動画です。
(※人間用バランスボールは、
安定感がないため飼い主さんやトレーナーのサポートが必要です。)


バランス感覚と体幹が鍛えられると、こんなことまでできるんですね!

ポールなどを乗り越える

ポールの代わりに、バスタオルなどを筒状に巻いてその上を乗り越えさせてもいいですね。

これは主に後ろ足の筋力強化につながります。
平坦な道を歩いていると、後ろ足の筋肉が落ちて、徐々に膝を曲げずに突っ張ったまま歩く子が多くなってきます。このバスタオルの上をまたいで歩かせることで、後ろ足を意識的に高く上げるようになります。走り抜けるのではなく、ゆっくり歩かせてください

こちらの動画のように、飼い主さんの足の上を歩かせる方法もあります。
(食事制限している子は、おもちゃ等で誘導してください。)

飼い主探し

飼い主さんが部屋のどこかに隠れて、ワンちゃんが家の中を探しながら歩き回る。
ワンちゃんも無意識に室内運動ができ、同時に飼い主の匂いをたどるので臭覚も鍛えられます

うちの子もそうですが、いつも飼い主さんを気にしているワンちゃんの場合は、わざわざ隠れなくても飼い主が動くと一緒について回っていますよね。
飼い主を見つけた時の、あの嬉しそうな顔はたまりません。何度でも隠れたくなります。

マッサージ

ワンちゃんにマッサージをすることで全身の血流がよくなり、体にたまった老廃物も輩出しやすくなり、筋肉のこりや強張りも緩和されるでしょう。

何よりも大好きな飼い主さんに撫でられることは大きな安心感と幸福感に包まれます。

この幸福感を感じた時に「愛情ホルモン」とも言われるオキシトシンが大量に分泌され、このホルモンは食欲を抑制したり、脂肪燃焼効果があるという研究結果も発表されています。

皆さんもとても幸せな気持ちの時って、心も満たされてご飯の事も忘れていませんか?
意外なダイエット効果があるのですね。

飼い主さんが撫であげるだけでも十分ですが、詳しいマッサージ方法の動画をご紹介します。
できそうなものがあれば、ぜひ参考にされてください。

注意点

  1. 室内遊びでは、おもちゃ等のワンちゃんが好きな物を使って誘導してください。
    そしてワンちゃんがちゃんと出来たら、大げさに褒める!!
    この遊びが楽しいと思わせる工夫をすることが重要です。
  2. ワンちゃんは飼い主さんの期待に応えようと、つい限度を超えて頑張りすぎてしまいます。その辺をしっかりと見極めながら無理のないよう少しずつ行なってください。
  3. 足腰等の負担がないように、最初は週に1~2回から始めて、
    大丈夫そうなら回数を増やしていきましょう。
  4. 無理なダイエットは非常に危険です。
    1週間で1%程度の減量を目安に3ヶ月以上かけてゆっくりと適正体重に近づけていく気持ちで取り組みましょう。

 

適正体重

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

⭐️Miyako⭐️(@miyanko0812)がシェアした投稿


トイプードルの標準体重は、約3~4Kgですが、
骨格や遺伝、体質等によって大きく前後するでしょう。

生後1年くらいで成長はほぼ止まるので、この頃の体重が適正体重になることが多いです。

注意
ダイエットが必要かどうかは、体重だけでなくその子の体型にもよるため、
定期検査などの時に獣医さんにご相談されることをおすすめします。

私の知人もワンちゃんの体重ばかりを気にして、毎日体重を図り、少しでも増えると食事調整をして体重維持をしていたのですが、病院の診察を受けた時に、もう少し食べさせてくださいと注意されて、ビックリしたそうです。

たしかに骨格が少し大きめなトイプーちゃんでしたが、見るからに細くて気になっていました。案外、飼い主さんはそれに気付いてないこともあるようです。

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

くるみたん (Kurumi)(@kurumitaan)がシェアした投稿

いかがだったでしょうか。
これやってみようかなと思うものはみつかりましたか?

食事以外のダイエットには、たくさんのメリットがありましたね。
何よりもワンちゃんのストレス発散や健康維持に役立つものばかりだと思います。

今回ご紹介したものは、
飼い主さんが気軽に試せて、
ワンちゃんも楽しんで取り組めるものを選んでいます。

ダイエットに関係なくワンちゃんとどう遊んだらいいのか迷っている人にも
ワンちゃんと飼い主さんとの癒しの時間として活用できると思います。

こんな経験はありませんか?
家にいると、熱い視線を感じる。
そして振り返ると、いつもワンちゃんが自分をじっと見つめている。

これは飼い主さんに構ってほしくてたまらないのサインです!

ワンちゃんはいつだってスタンバイOKなのです。
ぜひ楽しんでダイエットに挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ