【トイプードル】うちの子は偏食⁉6つの原因と簡単な対処法!

トイプードルなどの小型犬には、偏食が多いと言われていますが、あなたのおうちのワンちゃんはどうでしょうか。

特にドライフードを食べず、好きなものしか食べなくなって食ムラがあるワンちゃんも多いと聞きます。

飼い主さん
なんで食べなくなったんだろう。
飼い主さん
どうやったら食べてくれるようになるんだろうか。
飼い主さん
どこか具合が悪のかなぁ。ひょっとして病気かも。

と、悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

今回の内容は、

偏食の原因と理由
偏食の対処法
考えられる病気

となっています!

偏食で困った場合には、是非、参考にしてみてください。

 

偏食の6つの原因!簡単な対処法!

偏食の原因や理由は、それぞれのワンちゃんによって違います。

考えられる原因や理由には、以下のようなものがあります。

  1. 体質
  2. 食事が合わない
  3. おやつをあげる回数が多い
  4. 運動不足
  5. 老化
  6. 病気など体調不良
ワンちゃん
言葉を話すことができないから、なぜ偏食なのかを問いただしても、答えることができないワン。
まずは、どれが原因なのかを飼い主さんが特定してあげることからはじめましょう。

1.体質

子犬の頃から小食で、ずっと偏食だという場合は、もともと消化機能が弱く食が細いワンちゃんなのかもしれません。

偏食がずっと続いているようならば、体質的な問題についても考えてみましょう。

体質の場合は、胃腸の調子が普段から弱いので、脂っこいものなどは胃もたれのような状態を起こしてしまうので、食べませんし、ドッグフードによって食ムラがでます。

色々とドッグフードを変えてみて、体質に合ったものを探してあげましょう。

トイプードルの食が細い理由を解明!!もう心配いらない解決法

2.おやつをあげる回数が多い

偏食の原因として最も多いのが、間食が多いという原因です。

遊んでいるときや、良い子にした時などに、ご褒美でおやつをあげたりするのが多い場合、主食以外の食事が多くなり、結果的に偏食になってしまう場合があります。

間食はあくまでも間食なので、主食を食べる量が減ってしまうのは意味がありません。間食はほどほどにし、食事に影響がない程度に与えるようにしましょう。

3.運動不足

間食に次いで偏食の原因で多いのが、運動不足です。

運動量が少なく、お腹が減っていなければ、食欲が落ちてしまいますし、運動不足などが原因のストレスが原因で偏食になる場合があります。

散歩に加えて、沢山遊んであげて、いっぱいお腹を空かせてあげるようにしましょう。

4.老化

偏食というよりも、高齢になってから食欲が落ちた気がすると言う場合は、加齢が原因となっているのかも知れません。

犬も高齢になると身体中が衰え、特に消化器官は目で見えない分、いつの間にか弱っていたりします。

普段の食事に犬用ふりかけやトッピングをしたり、食欲が湧くような工夫をしましょう。
補足
老犬のトッピングの場合は、口当たりのよい食材をトッピングするのが良いでしょう。豆腐をくずしたものを少しフードにのせてあげたり、ヨーグルトを少しのせてあげたりすると、良いでしょう。

5.食事が合わない

ジャーキーやビスケットなどのおやつなら食べるけど、ドッグフードは食べない場合は、そのドッグフードがワンちゃんにあっていないのかも知れません。

まずは、トッピングをしてみたり、ドッグフード自体を変えてみたりして、ワンちゃんに合うものを探してみましょう。
知り合いのワンちゃんは、ドッグフードをどんなに替えても全く食べなかったそうですが、量販店で売っているフード用のトッピング商品を試したところ驚くくらい食べたそうです。いろいろなトッピング商品があるので試してみる価値はありですね

知り合いの飼い主さんは、

知り合いの飼い主さん
うちのワンちゃんはささみや豚の赤身肉をボイルしてトッピングしていましたが、それでもなかなか食べてくれませんでした…。
知り合いの飼い主さん
物は試しに馬刺しのミンチを取り寄せてトッピングしたら驚くくらい食べてくれて、ドッグフードも一緒に食べてくれるようになり、びっくりです!

と、言っていました。

馬肉はカロリーが低いし、生肉でも新鮮なものなら安心してあげることができます。こういったようにワンちゃんにとってもそれぞれ好みがあるので一概には言えませんが、しっかり食欲が湧くような努力はしてあげないといけませんよね!家族の一員ですから!
どうしても、ダメな場合は、手作りご飯に切り替えるのも一つの方法でしょう

手作りご飯については、以下の記事を参考にしてみてください。

トイプードルに手作りご飯! おさえるべき5つのポイント!

 

6.病気など体調不良

空腹状態で、おやつなどの嗜好性の高いものをあげても食べものを口にしない場合は、病気など、なんらかの体調不良が考えられます。

また、以下の場合は病気の可能性が高いので、すぐに病院に連れて行ってあげましょう。

  • 水を全く飲まない
  • 水を大量に飲む
  • 嘔吐や下痢をしている
  • 元気がなくぐったりしている

また、考えられる病気には以下のような病気があります。

歯周病

歯垢中の細菌が原因となり、歯肉が腫れたり、歯を支えている歯周組織が破壊されてしまう病気です。歯周病が進行すると歯を支えている顎の骨がどんどん溶けてしまい、最終的には歯が抜け落ちたり、ひどい時には下顎が骨折してしまうこともあります。

急性胃炎

犬の胃の粘膜が炎症を起こしてしまう病気で、食欲が低下し、何度も繰り返し嘔吐をします。

胃拡張

胃が異常に膨らみ大きくなってしまう病気で、腹部が膨れてしまい、ゲップが出たり、元気がなくなり、食欲が低下し、急に水をたくさん飲むようになったり、よだれが大量に出るなどの症状があります。

胃捻転

胃の中のガスが発酵することで、胃がねじれてしまう病気で、鳴咽がありますが、実際には吐かないといった症状があります。

腸閉塞

腸が塞がってしまう病気で、消化管の内容物がなんらかの原因で通過できなくなってしまう病気です。閉塞の状態によっては腸が破れてしまうことなどにより、命にかかわることもあります。

 

まとめ

トイプードルの偏食の原因は以下のようなものがありました。

  • 体質
  • 食事が合わない
  • おやつをあげる回数が多い
  • 運動不足
  • 老化

上記は、ワンちゃんの生活に注意したり、飼い主さんが、食事を気にかけてあげることで改善が見込めます。

しかし、偏食に加えて、以下の症状があった場合は、病気の可能性があります。

  • 水を全く飲まない。
  • 水を大量に飲む
  • 嘔吐や下痢をしている。
  • 元気がなくぐったりしている。

おかしいと思ったら、すぐに病院に連れて行ってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ