トイプードルのトリミングはしないと危険?した方がいい理由!

トイプードルのトリミングはしないと危険?

可愛いトイプードルですが、毛が伸びてきた時に、そろそろトリミングをしないといけないと考えるのは、トイプードルを飼っている愛犬家の悩みの一つかもしれません。

ブラシが、引っ掛かりやすくなったり、匂いも強くなったりしてきた時に、そろそろなのかなぁと考えてしまうでしょう。

でも、一回のトリミングの金額も、安いものではないですよね。
シャンプーくらいなら自分でできるし、簡単なカットなら、自分でもできるからトリミングに連れて行かなくてもいいかな?など、考えてしまうこともしばしばあるでしょう。

でも実は、しっかりとトリミングをしないと、シングルコートの犬種のトイプードルには、様々なケガや病気の危険のリスクが高まってしまいます。

簡単な部分は、自宅でもできますが、やはり専門家にお任せしてしっかりとそのリスクを取り除いてあげましょう。

今回、トリミングをしないとどんな危険が起きるのか、専門家さんのトリミングが、なぜ必要なのかを書いていきますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

トリミングをしないとどうなるの?

トリミング前

トイプードルは、毛代わりの頻度が多く、長さの変わらないダブルコートの犬種(柴犬やコーギー等)と比べると、毛が抜けにくく、伸び続けしまう毛質なので、トリミングをする必要があります。

実際、毛が伸びることで絡まりやすくなり、絡まった毛には、皮脂が付いて固まってしまうことがあります。シャンプーで洗うことで、一時的に綺麗になりますが、ほおって置けばまた同じ状態になってしまうので、やはり定期的なカットをすることが必要となります。

毛がもつれたり、汚れた状態で、何か月もほっておくと、ふわふわの毛がゴワゴワになり、フェルト上に固まった状態になってしまうので、そこまでの状態になると、トリマーさんのところに連れて行っても、バリカンで丸刈りにするしかなくなってしまいます。

そうなると、毛質が変化してしまう場合もあるので、前のようなフワフワの毛並みに戻ることは難しいでしょう。

トリミングをしないでいるとどうなるか、簡単にまとめてみました。

 

トリミングをしないと起こりうる危険

トイプードルは、ふわふわとした可愛い巻き毛が特徴ですが、きちんとした手入れをしていていないと、毛玉ができて、空気の循環が悪くなるので毛の中の湿度が上がり、不衛生な状態になりやすい犬種です。

伸び続ける毛を、愛犬には解決することはでないので、飼い主が専門家や自分たちでトリミングでしてあげることでしか解決はできないのです。

体中を覆う毛は、目の周りや足の裏も伸びていってしまうので、目に入ったり、足を滑らせたりと、愛犬のケガの原因となってしまします。

他にも体のさまざまな場所で、病気の要因を引きを越してしまうので、そのリスクを減らすためにも、まずは、トリミングをしないで起こる危険を知りましょう。

足の裏:足が滑りやすくなり転倒して骨折、股関節に負荷がかかり病気のリスク増。

目の周り:毛自体が眼病の原因となり、涙やけ等になってしまいます。

お尻周り:肛門周りの毛が伸びた影響で、排泄物が付くことで不衛生になったり、毛色の薄い子の場合は、着色汚れとなってしまいます。

胴体:毛が絡まりやすくなり、ほこりやごみをため込んでしまいます。

皮膚:不衛生な状態のままだと、皮膚病のリスクが高まります。

:耳の中に毛が生える事で、細菌が繁殖して炎症を起すリスクがあります。

このように、トリミングをしないままでいると、病気や怪我のリスクだけが高まっていきます。

それだけではなく、涙やけや肛門付近の汚れによる着色汚れは、シャンプーなどでは簡単には落ちず、やはりトリミングで毛をカットするしか方法はありません。

 

トリミングする場合は自分でするか専門家にまかせるのか?

前述したとおり、トリミングしなかった場合はいろいろなリスクが降りかかってきてしまうので、毛が伸び続けるトイプードルには、トリミングは必要不可欠となります。

出来れば専門家に任せたほうがいいのですが、1回のトリミングの金額も高く、その際の年間にかかるお金は大きな出費となります。
自分たちでした場合は、かかるお金は最低限で済みますが、専門家ほどのケアはできません。

では、専門家と自分たちで行った場合の違いは何か、その際のメリットとデメリットを紹介していこうと思います。

自分たちと専門家に任せた場合の比較

自分たちでケアする場合

<メリット>

  • かかる費用は、シャンプー代や毛をする際の道具などの費用。
  • 毎日のブラッシング等で触れているので、愛犬の異常(ケガや病気、しゅよ)などに気が付くことができる。

<デメリット>

  • シャンプーやトリミングは、時間がかかる事で愛犬が不安になり、かなりのストレスになる。
  • 道具をそろえる必要がある。
  • じっとしていることができないと、安全性が確保できない。

確かに自分たちですれば、お金はかかりませんが、時間がかかります。

シャンプーだけでも、。

ドライヤー1つでも、家庭用では威力が低く、すぐに乾かないので、乾かすまでに1~2時間かかります。その間、長時間のドライヤーを嫌がり、逃げ回る愛犬の場合はつい、途中であきらめてしまうこともしばしばあるでしょう。

時間がかかれば、人間だけではなく、愛犬にもかなりのストレスを与えることとなりますし、カットをする際に、刃物を扱うので急に動いたり、台の上から飛び降りたりとしたらケガをさせてしまうリスクもあります。

その場合、ケガの程度にもよりますが、すぐに病院に連れていき、治療をしてもらわないといけません。

愛犬のことを思うと、自分でケガをさせてしまうリスクの可能性より、安全を確保して仕事をしてくれる、専門家に任せたほうが愛犬には安全といえるでしょう。

専門家にお願いした場合

<メリット>

  • 手間のかかることはすべてお任せできる。
    (シャンプー、カット、爪切り、肛門絞り、耳掃除等)
  • 飼い主が見つけられなかった異常に、気づいてくれる可能性が高い。
  • 可愛いカットにしてもらえる。
  • なかには、別料金だが、エステ・酸素カプセルのあるお店もある。その場合、愛犬がつやつやとした毛並みになる。

<デメリット>

  • 費用が掛かる
  • お店まで送らなければならない
  • 予約なので、今すぐしてほしいというわけにはいかない。

専門家に任せると、コストはかかりますが自分たちの時間は作れます。買い物や家事、家族サービスなどに時間を使え、シャンプーやカットだけではなく、爪切りや耳掃除もしてもらえるので、愛犬は専門家によって短時間で終わらせてもらえるので、ストレスも低くなります。

そして、お店によりますが、個性的なカットがあったり、サービスとして耳に付けるゴムなどを付けてくれるお店もありますので、探すだけでも実は楽しいかもしれません。

比較してみると

自分たちでする場合は、コストはかからないが時間と労力がかかります。

ですが、自分たちでけがをさせてしまう可能性もあるので、専門家にお任せし、愛犬のストレスも少なく、ケガのリスクをないトリミングサロンを利用したほうが、愛犬には一番いい方法ではないかと思います。

 

まとめ

トリミング後
トリミングをしなかった場合、病気のリスクが高まり、病院にかかる事で、トリミングにかかるお金よりも、たくさんの出費が必要となります。

それならば、しっかりとしたケアをして、病院にかからないようにしてあげたほうが愛犬のためなのかなと思ってしまいますね。

そして、毛が長いタイプのワンちゃんは、熱く湿度が高い地域などでは、夏場などにサマーカットを施さないと熱中症や皮膚病にかかる事が多いと聞きます。

なので、自分たちでできる部分はしてもよいでしょう、でも、地域や季節に合わせて、2か月に1回程度は、専門家に任せて、カットしてもらうことが、トイプードルは必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ