トイプードルトリミング初心者!自宅で足裏バリカンは必要?

仕事から解放されて、大好きな愛犬と一緒にくつろいでいる時間はとても癒されますね。
隣で寝ているワンちゃんの肉球をぷにぷにして起こしてみたり、
ついつい肉球を触っちゃいますね。

私はあの土っぽい何とも表現しがたい匂いが大好きでクンクンと嗅いでいます。
そんな幸せに浸っている時に、ふと気づいたことが。

  • あれ、肉球の間にある毛が伸びているなあ
  • こないだトリミングに行ったのにもうこんなに伸びている
  • でも自分でカットするのも怖いし
  • そもそもそんな頻繁にする必要あるのかな

足裏のお手入れって案外見過ごしがちですよね。
本当にトリミングの時だけで大丈夫なのでしょうか。
わざわざバリカンを買って自宅でする必要性があるのか?

今日はその辺の疑問を紐解き
初心者でも挑戦できるようにわかりやすく説明した、
自宅で足裏バリカンをする方法の動画とトリミングの注意点もご紹介します。

これを読み終えたころには、
愛犬が気付かないところで不快な思いをしていたことが分かり、
この子が今以上に楽しく元気に走る姿を見るためにすぐにバリカンを買いに行こう!
と思うようになるでしょう。

 

足裏の毛が伸びていることでの危険性

足裏の滑り止め効果が半減する

ストッパー機能である肉球に毛が覆われることにより、
特に室内犬の場合は、フローリンなどで足を滑らせてケガをする危険性が高くなります。

私が飼っているワンコも走り回っているときに、コーナーを曲がり切れず下半身がくるりと
半回転したり、ソファから降りた時に前足が滑って顎をぶつけてしまってキャンっと鳴いて
本当にかわいそうなことをしてしまった事がありました。

さらにこのような状態が続くと、肉球の踏ん張りがきかないために常に足に力が入ることで
関節や腰などに負担がかかってヘルニア等の疾患につながる可能性もあります。

爪が伸びていることに気付きにくい

足裏の毛によって爪が伸びていることに気付かず、お手入れが遅くなってしまうと、
爪と一緒に血管や神経も伸びてしまうため、短くつめなくなってしまう危険性もあります。 

通気性が悪いために雑菌がつきやすく衛生的ではない

肉球の間にある毛はとても通気性が悪いうえに、お散歩などで汚れたり、
室内でもトイレをした汚れや水分がついて
雑菌が増えて不衛生になりやすい場所でもありますね。

足裏の毛が伸びていることで、
あらゆる危険が潜んでいることをお分かりいただけたでしょうか。

でも定期的にトリミングに行っていたら、
自宅で足裏バリカンをする必要はないんじゃない?
と思いますよね。
本当に必要なのかどうかを考えてみましょう。

 

自宅で足裏バリカンをする必要性

トリミングする頻度

トイプードルのトリミングする頻度は、
その子の毛質やカットスタイル等によって異なりますが、
だいたい月1回を目安に利用されている方が多いようです。

または、日頃のお手入れが楽なようにサマーカット等にしているワンちゃんは
これより頻度はあいていると思われます。

毛の伸びる速さ

1か月に1~1.5cm程度と人間と同じくらいですが、その子によって早い遅いはあります。
トリミング直後と1か月後の自分の子の毛の長さを観察しておくと、目安がわかりますね。

それくらいなら、トリミングの時でいいじゃん!
と思いましたか?

ここで見落としがちなのが、
全体でみるとそんなに伸びていないと感じていても、足裏の毛の1cmは大きいですよ!

ぜひご自分のワンちゃんの足裏を確認してみてください。
あ、こんなに伸びていた
と、予想以上に伸びていることに気付くでしょう。

次回のトリミングまで待っていたら遅いですよね。

トリミングに行けなくなった時

これは病気やケガ等の一時なことだけでなく、
人に触られることへのストレスが強くなったり、
高齢犬で長時間のトリミングが困難になった等の理由から
飼い主が必要最低限の事をしなくてはならなくなる時がやってくるかもしれません。

そう考えると、
やはり自宅での足裏バリカンの必要性を感じたのではないでしょうか。

自宅で足裏のカットができたら、このような危険からワンちゃんを守ることができますね。
些細なことでも、ワンちゃんにとっては大きな障害にもなります。

そしてバリカンが慣れてきたら足裏だけでなく、他の場所にも挑戦して腕を磨いていくことが
できたら、毎月のトリミング費用も抑えられ、さらには愛犬のストレス軽減だけでなく、
飼い主が触れることでの安心感と信頼関係も強くなるでしょう。

そうなるためにも、まずは基本の足裏バリカンの技術を習得しましょう。

 

自宅で足裏バリカンに挑戦!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ren♡(@renpoo_no_smilelife)がシェアした投稿

足裏バリカンをするタイミング

大体の目安は、肉球が半分隠れるようになった頃がおすすめです。

先ほどもお伝えしたように、毛の伸びる速さはその子によって違います。
特に運動量の少ない子や年齢の若い子は伸びるのが早いかもしれません。
こまめにチェックしてあげてください。

準備

  • 犬用バリカン
  • 高さのある机
  • 滑りにくいマット
  • おやつ

<犬用バリカン>
足裏などの細かいところに使う場合はミニサイズが使いやすいです。

私のおすすめは、こちらです。
刃こぼれしにくいステンレスなので長く使え、
音や振動が控えめで音に敏感なワンちゃんにもおすすめ。
商品説明動画をご覧ください。音や振動も確認できます。

ドギーマン ホームバーバー 部分カットバリカン



<高さのある机>

高さのある机の上だと大人しくする子が多いので試してみてください。
その際は、絶対にワンちゃんから目を離さないように注意が必要です。

<滑りにくいマット等>
滑りにくいマットについては、足元を安定させるためです。
ワンちゃんが動く範囲に敷いてください。

<おやつ>
おやつはワンちゃんの気をそらしたり、
ご褒美にあげてバリカンが楽しいことと思わせる為に使います。

安全に行うためのホールドの仕方

では足裏バリカンするときの、ワンちゃんの支え方を動画でご紹介します。
ワンちゃんがじっとしなくて困るという方も
ぜひ参考にされてください。

足裏のバリカンの方法

いよいよバリカンを使った足裏カットの動画登場です。
バリカンの使い方や綺麗にカットする方法等もとても分かりやすく説明しています。
じっくり見てシュミレーションしてみてください。

いかがでしょう。
動画を見ると、案外簡単かもとやる気が出てきましたか。
基本的なことを頭に入れておけば、あとは練習あるのみです。

慣れてくるとワンちゃんも安心して身を任せるようになり、途中でウトウトしたり、
寝ている間に足裏バリカンができちゃうかもしれませんね。

では最後にトリミングする際の注意点を押さえておきましょう。
ここでワンちゃんがトリミングを好きになるかどうかのカギを握っています!
とても大事なことなので、熟読されてくださいね。

自宅でトリミングするときの注意点

ワンちゃんの気持ちをリラックスさせて落ち着かせる

初めて自宅でトリミングする際は、ワンちゃんは何をするんだろうと興味津々です。
新しい遊びかなと落ち着くどころかワクワクが止まらず興奮して動き回るかもしれません。

そんな時はワンちゃんがリラックスしてバリカンをしているイメージをしながら、
ワンちゃんの足裏を中心にマッサージするように優しく触って落ち着かせてあげてください。

きっとそのイメージが伝わってお互いに落ち着いてくるでしょう。

バリカンに慣れさせる

いきなり高いところに乗せられて、バリカンの大きな音が聞こえたらどう思いますか

いくら自宅とはいえ、
いつもと違う環境に不安と恐怖で一気に体が強張ってしまうかもしれません。
まずはバリカンの音を聞かせて、その振動にも慣れさせておくことが大事ですね。

バリカンの音や振動を聞かせながら、おやつをあげてみて、
バリカンの音と振動=嬉しいこと
につながるといいですね。

無理やり押さえつけてしない

ワンちゃんがじっとしないからと強引に押さえつけると、苦手意識が強くなり
バリカンが嫌いになってしまいます。

なるべく力を入れず、たくさん声掛けやおやつ等に気を向かせるなど、
バリカンをしたらご褒美がもらえるなどの
いいことが起こると思わせるように工夫してみてください。

初めから上手くやろうと頑張らない

あくまでもワンちゃんの様子を見ながら行ってください。
嫌そうにしていたらすぐにやめましょう。

焦る気持ちはわかりますが、その気持ちはワンちゃんにも伝わっているので、
今日はここまでにして、また後日挑戦しよう。
と軽い気持ちでやってみてください。

 

まとめ

皆さま、自宅での足裏バリカンが必要だとわかりましたね。

足裏の毛は少しでも伸びると、
身体面や衛生面等に様々な悪影響を与えてしまうのですね。
だから次回のトリミングまで待っていたら遅いんです!

肉球が半分隠れるようになった頃を目安に行いましょう。

また、ストレスや病気、高齢などにより
飼い主がケアをしなくてはいけなくなった時にも
必要になってくると思われます。

足裏バリカンは、初めは難しく感じるかもしれませんが、
回を重ねるごとに着実に上達していきます。

ぜひ可愛いワンちゃんのためにも頑張って技を身につけてください。

今までツルツルと滑って不快に感じていた足裏の感触が、
しっかりと踏ん張れるようになるので、
ワンちゃんの表情も一段と活き活きして思いっきり走り回るようになるでしょう。

そんな喜んでいる顔を一日でも長く見ていたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ