【トイ プードル】しっぽの振り方で気持ちが解る?喜怒哀楽!!

あなたのうちのトイプードルの気持ちが解らなくて悩んだりしていませんか。

犬は、人間のように喋ることができないので、噛んだり、吠えたり、舐めたり、色々な方法で気持ちを伝えようとしています。

そして、可愛いくフリフリしているしっぽも、実は犬の気持ちが現れています

しっぽを横に振っていると嬉しいというくらいのことは知っていますが、しっぽの高さや速さ、動かし方による違いなど、詳しくはあまりわからないという人もいると思います。

この記事では、しっぽの振り方の高さや速さ、動かし方の違いによる犬の気持ちについてまとめています。

しっぽの振り方から、犬の気持ちを読みとって、しっかりとしたコミュニケーションをとりましょう。

しっぽの役割

まず、犬のしっぽには、どんな役割があるのか知っておきましょう。

しっぽには、大きく分けて3つの役割があります。

  • カラダのバランスをとる
  • 寒さを防ぐ
  • 感情を伝える

カラダのバランスをとる

犬のしっぽはカラダのバランスをコントロールするのにも役立っていて、走る時などに急旋回するときに、人間が平均台の上に乗った時に両手を水平にしてバランスを取るのと同じようにしっぽでバランスを取っています。

また、犬は泳ぐ時、しっぽで泳ぐ方向のバランスをとっています。

寒さを防ぐ

犬は寒さを感じると、丸まって体を震わせて体を温めますが、その際にしっぽを体にできるだけ巻きつけて体を温めたりしています。

感情を伝える

犬はしっぽを動かす事によって、自分の気持を伝えていて、嬉しいときや、警戒心や恐怖心を表している他にも、気持ちを落ち着かせる役割もあります。

そして、しっぽの振り方の強さ、高さ、速さに加えて、顔の表情、耳の位置、身体の高さ、声のトーン、唸りなどボディーランゲージも合わせて様々な感情を表しています。

しっぽの動きの意味

具体的に、しっぽの振り方の強さ、高さ、速さでどのような感情が表されているのでしょうか。

具体的に、しっぽの振り方の強さ、高さ、速さなどでどのように違うのかみていきましょう。

なお、しっぽから犬のきもちを読み取ることができますが、それその場の状況、犬の精神状態や社会性、性格によって違いもありますので、全てが当てはまる訳ではありませんので注意が必要です。

しっぽの高さ

しっぽの高さは、優位性を表しています。

しっぽを高い位置でピンと伸ばすのは、ポジティブで自信に満ちている状態です。

自分の方が立場が上だと思っているときや、相手への威嚇や警戒心、攻撃性を示すときにも高くなります。

しっぽが高くもなく、低くもなく、水平な時は、興味や好奇心が旺盛になっているときで、それが何なのか見極めようとしている状態です。

遠くに何かが見えたときや物音がした時などによく見られます。

一方、低く下げるのは、自信がなく、恐れや服従といったネガティブな気持ちを表しています。

苦手な相手に会ったときや、嫌いな病院の診察のとき、何かに驚いたときに低くなります。

後ろ脚の間にしっぽを入れるほど下がっているときは、強い恐怖やストレスを抱えている状態です。

また、熱があったり風邪をひいたりしているときや、どこか痛いところがあるときなど、体調が悪い時にもしっぽが下がります。

もし、1~2日間くらいの長い時間、しっぽを下げて大人しくしていたら体調不良の可能性がありますので、病院に連れて行くようにしましょう。

しっぽの速さ

しっぽを振る速さは、興奮の度合いを表しています。

うれしいときや楽しいときなど、友好的なときだけではなく、警戒や不安で攻撃的になっているときにも素早く振る傾向があります。

一方で、穏やかな気持ちのときは、ゆったりと振ります。

しっぽの動かし方

しっぽの動かし方にも感情が表されています。

しっぽを右に振っている場合は、喜んでいる時や、好きという感情の時で、逆に、左に振る場合は、警戒や不安嫌いな気持ちの時だと言われています。

また、しっぽに病気のサインが表れている場合があります。

しっぽの振り方に力がなかったり、しっぽがまったく動かない場合には、しっぽや体調に異変が起きている可能性も考えられます。

しっぽを動かすための筋肉や神経を椎間板ヘルニア、馬尾症候群などによる神経障害により傷めていたり、骨折している可能性も考えられます。

まずは、しっぽを触って痛がるか、触って腫れているところはないかを確認しましょう。

少しでも異変を感じたら、早期に動物病院に行くことをおすすめします。

知り合いのうちのワンちゃんが、1日中しっぽが下がり続けていたことがあったそうです。

異変に気がついた飼い主さんが、動物病院に行って診察してもらったところ、椎間板ヘルニアだと診断されたそうです。

獣医さんから神経障害による痛みからしっぽを上げられなくなっていたようで、完全に神経が麻痺してしまうと歩行困難になってしまう可能性もあったと言われたそうです。

知り合いのうちのワンちゃんのように、しっぽに病気の症状が見られることもあるので、しっぽの動きは注意深く見てあげるようにしましょう。

まとめ

しっぽの高さ、速さ、動かし方などの違いによる犬の気持ちの違いをみてきました。

以下にまとめてみました。

しっぽが高い
自分の方が立場が上だと思っている
相手への威嚇や警戒心、攻撃性

しっぽが水平
興味や好奇心が旺盛になっている

しっぽが低い
自信がなく、恐れや服従の感情
体調不良

しっぽを素早く振る
友好的もしくは攻撃的に興奮

しっぽをゆっくり振る
穏やかな気持ち

しっぽを右に振る
喜んでいたり好きという感情

しっぽを左に振る
警戒や不安、嫌いな気持ち

しっぽの振り方の違いから犬の気持ちを読みとり、より良いコミュニケーションが取れるようになれると良いですね。

また、しっぽに病気のサインが表れている場合がありますので見逃さないように注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ