【トイプードル】スタイルやデザインカットは種類豊富!?

トイプードルってかわいいですよね。

人間は第一印象でその人が決まるといわれていています。外出しているときにトイプードルを見かけることがありますが、スタイルやデザイン(カットの仕方)を見てかわいいなと思って見とれてしまうことはありませんか。

トイプードルのスタイルは大きく分けて3つの種類に区分されていて、デザイン(カットの仕方)の種類はたくさんあるため、おしゃれに決めることができます。

この記事では、トイプードルのスタイルやデザインカットの種類はどのくらい豊のかが分かるように書いてますので、ぜひご覧ください。

 

スタイルについて

トイプードルのスタイルが複数ありますので簡単ですが、ご紹介します。

  • ハイオン
  • ドワーフ
  • スクエア

ハイオンタイプ

引用先:http://fuwamoco701.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

トイプードルの原点にあたる『スタンダードプードル』に最も近いタイプとされており、足が長く、胴が短いのが特徴です。また、骨が細いのでモデル体型でスタイリッシュです。主にドッグショーで活躍しているので、イベントで見かけることが多いかもしれません。

ドワーフタイプ

引用先:https://www.min-inuzukan.com/toy-poodle.html

ハイオンタイプと比較すると胴が長く足が短いのが特徴です。がっしりとした体型とのギャップで目が真ん丸なのでとてもかわいく、トイプードルの中で1番人気のあるタイプです。成犬になっても、子犬のような体形のままで顔もふっくらとした丸顔なのでかわいいです。

スクエアタイプ

引用先:https://maruone.com/blog/entry/16053

スクエアタイプは『ドワーフタイプ』と『ハイオンタイプ』の中間の体型をしているのが特徴です。真横から見た姿が芸術的と称されていて人気があります。全体的にバランスが取れていますが子犬の時に判断するのが難しいのでトイプードルの中でも珍しいスタイルです。

 

デザイン(カットの仕方)の種類について

トイプードルのデザイン(カットの種類)約500種類といわれており、体型によって合わせる飼い主さんもいれば、飼い主さんの好みでカットしている子もいます。その中でも特に人気のあるデザイン(カットの仕方)を下記にまとめましたのでご覧ください。

テディベアカット

トイプードルを飼っている人にも大人気のデザインです。カット名が「テディベアカット」のようにテディベアに見えます。

顔の形でマズルといって、鼻から口の間が短い子が似合うとされています。該当しましたらやってみることをオススメします。本当にかわいいです。

ピーナッツカット

正面から見たときに、ピーナッツのように見えることから「ピーナッツカット」呼ばれています。口の周りの毛を多めに残すことので仕上がりはテディベアに似ているデザインです。

テディベアカットにしてみたけどマズルが長いと感じましたら、ピーナッツカットをオススメします。

コンチネンタルクリップ

Toy Poodle with red bow posing on a white background

引用先:https://www.min-petlife.com/27778

THE・プードル」のデザインになります。ドッグショーで正式なカットと定められており、カットの仕方もスタンダードプードルに似ているので、おしゃれな仕上がりになっています。実際に街中で見かけると上品な風格がありました。

アフロカット

トイプードルのカットといったら「アフロカット」が王道とされており、友人の家のトイプードルもアフロカットにしていましたが、すごくかわいかったです。

頭のボリュームが多いので、下から見える真ん丸とした目がクリクリしていて癒されます。

モヒカンカット

引用先:https://www.wisedoggy.com/cut-catalog/cut-catalog-toy-poodle-mohican/

オスのトイプードルを飼っているに人気があり、オスのカッコよさアクティブさを強調しているカットです。

最近では、頭部だけでなくシッポの方までモヒカン状にして恐竜のようなカットにしている飼い主さんも増えてきています。

ハートカット

引用先:http://toypoodle-dogfood.net/heart-cut-1418

文字通りお尻のあたりにハートの形にカットします。ハートマークがワンポイントになっているのでかわいらしいです。

街中でも「ハートカット」にしている人は少ないので個性的なカットスタイルといえます。ハート以外にもリボンの形をしている子も見かけたことがあるので、オリジナリティを追求することのできるカットといえます。

私が選んだ人気スタイルカット

友人の家のトイプードルのカットを複数見てきましたが、テディベアカットピーナッツカットがかわいく見えました。人気のカットの種類ということもありましたが、実際に見てみるとぬいぐるみが歩いているみたいで癒されました。

友人の家のトイプードルはハイオンタイプドワーフタイプを飼っていてタイプが違っても、魅了されるくらいかわいいカットでした。人気のあるカットは複数ありますが、私は性別やタイプに左右されにくいテディベアカットピーナッツカットをオススメします。

人気のカットランキング

今回ご紹介しましたカットの種類からベスト3をランキング形式で発表します。

第1位 テディベアカット

トイプードルが人気の犬種になった時のカットテディベアカットでした。登場してから数年以上たちましたが、2020年の現在でも不動の人気を誇っています。友人の家では、テディベアカットをやってます。遠くから見たらぬいぐるみのようです。

第2位 ピーナッツカット

テディベアカットに次ぐ人気のカットです。テディベアカットにしてみたけど、違うカットにしたいなとかイメージが違うなと思った飼い主さんの間では人気です。顔を見るとモコモコしているので、なでるときの触り心地がよかったです。

第3位 ハートカット

街中や公園などで見たときに映えていました。短く毛を刈っているのにハートの部分が残っているので目立ちます。まだポピュラーと呼べるまでの認知度がないので他のトイプードルとは違った印象が持てます。

 

デザインの相談方法

カットはトリミング屋さんでやってもらうのがメインとなります。人間の美容室のようにカットの注文ができるので、気になった写真やカットの種類をメモするなどをして伝えて相談するのがベストです。トリマーさんは技術知識がありますので、細かい注文をしてもデザインを整えてくれるので安心です。

注意
トリミング前には健康診断があります。トイプードルの皮膚は人間の皮膚に比べて敏感のため、季節体調によって希望するカットが難しいことがあります。
余談
子犬の時と成犬の時でデザインを一緒にしたり、イメージチェンジで変えてみるのもありです。友人のトイプードルは成長過程で体型や体質が変わったことで、子犬の時のカットとは違うものにしたりトリマーさんと相談してデザインを決めています。

 

まとめ

トイプードルには大きく分けて3つのスタイルに区分されていてます。

  • 足が長く胴が短いのが特徴のハイオンタイプ
  • 胴長短足型が特徴のドワーフタイプ
  • 中間の体型が特徴のスクエアタイプ

デザインは約500種類あるといわれているので種類の豊富さが伝わります。

人気なデザインの一覧です。

  • テディベアカット
  • ピーナッツカット
  • コンチネンタルクリップ
  • アフロカット
  • モヒカンカット
  • ハートカット

上記のカットを中心にどんな子にも合わせることが可能です。トイプードルのかわいいデザインかっこいいデザインを見つけられると、飼い主さんと一緒におしゃれができるので毎日が楽しく暮らせます。気に入ったカットが見つかるまで試してみることをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ