トイプードルも夢を見る?いびきをかくのはよく寝ているから?

飼い主からみると、「なんか静かだな・・・」と思って目をやると伏せをしていたりヘソ天で寝ていたり、食事や散歩、遊びの時間以外はほとんど寝てるという印象を受けませんか?

A子さん
うちの子は寝ている時にピクっと動いたり、走っているように足をバタつかせたりすることもありますよ
うちでは急に吠えて自分でもびっくりしたのか、ムクっと起きたことも。そういう時って夢見てるのかな?
Bさん
うちの子はシニアだからか最近いびきをかく時もあるんだけど

皆さんの愛犬にもこんな行動はあるのではないでしょうか。

しかし、寝ている時の行動で注意したいのが「いびき」です。

犬はシニアになったからといって、いびきをかく動物ではないので、注意した方がよいでしょう。

いびきには危険な病気が潜んでいる可能性があります。

そこで今回の記事では、

今回の記事
  • 犬の睡眠時間とストレスの関係
  • 犬も夢を見る?
  • 睡眠中の犬の行動
  • 犬がいびきをかく理由
  • 犬がいびきをかく5つの原因

など、犬の睡眠中の行動と注意点を徹底調査してみました。

 

犬の睡眠時間とストレスの関係

犬の睡眠も、人と同じように、体は眠っているが、脳は起きている浅い眠りの「レム睡眠体も脳も眠っている深い眠りの「ノンレム睡眠を繰り返していますが、約90分のサイクルでレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す人に対し、犬の睡眠は約8割がレム睡眠と言われています

また、犬が夜の8時間の睡眠中、約20分周期という短い周期で、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していたという海外の大学での実験結果もあります。

犬の平均睡眠時間は10時間程といわれ、人のよりも若干長めで、活発な犬種は睡眠時間が短く、大型犬は長めの傾向があります。 睡眠時間が10時間以内と短い犬はストレスが高く、20時間以上の犬はストレスが低いうです。

したがって、睡眠は犬のストレス軽減に重要だということがわかります。

ちなみにトイプードルの睡眠時間は、平均14時間ほどだそうです。

 

犬も夢を見る?

A子さん
犬も夢って見るのかな?
見てるんじゃない?だってうちの子なんて突然クンクン鼻を鳴らしたり、たまに「ワン」って吠えてるよ。夢見て他のワンちゃんに吠えてるんじゃない?
犬の睡眠についてはたくさん調査が行われていますが、犬は言葉を話さないので現在のところ犬が夢を見るかどうかは立証されていません。
ラットの実験では夢を見ることが分かっています。「ラットが夢を見るから、犬も見るのでは?」というところではないでしょうか。他に、色々な睡眠調査の結果から推察して、「犬も夢を見ている」といわれています。

睡眠中の犬の行動

寝ながら走る犬のイラスト

犬は寝ている最中でも物音で目を覚ましたり、名前を呼べばすぐに起きたりと完全に眠ってしまう時間は少ないと考えられています。

寝ている時に名前を呼んだり、物音がしたら起きたりしますよね。これは野生時代の名残で、睡眠中に外敵から身を守るための犬の本能です。

Bさん
確かに、呼んだわけじゃないのに会話の中で名前が出てきたり、散歩やおやつなんて言葉が出てくるだけでムクっと起きたりしますね。これも野生の名残なんですね。

また、犬も人と同じように寝言を言ったりいびきをかいたりします。
犬が寝ている時にするしぐさや行動
  • 遠吠えや鳴くなどの寝言
  • 足をばたつかせる、走るような仕草
  • 小刻みに動く、痙攣
  • 尻尾を振る
  • 目や耳を動かす

このような行動も夢と同じく今のところ解明されていないので、正確なことはわかりませんが、ノンレム睡眠の時にこのような行動が起こることが多いと言われています。

補足
寝ている最中のしぐさや動きは

  • 苦しい、辛いという合図
  • 脳やてんかんなどの病気

の可能性もありますのでよく観察しましょう。 

しかし、寝言や行動よりも注意したいのが「いびき」です。

 

犬がいびきをかく理由

呼吸の際、空気が鼻や口から、喉や気管を通り肺へ送り込まれます。その際、スムーズに空気が通る場合は何も音がしませんが、この通り道が何かの影響で狭くなり、呼吸の際に通る空気が振動するため出る音を「いびき」といいます

また、寝ているときには喉の筋肉がゆるみ、喉が狭くなるため、いびきをかくことはあります。もともと喉が狭い犬や、喉に異常や病気がある犬はいびきがひどくなる場合があります

 

犬がいびきをかく5つの原因

犬がいびきをかく主な原因は次の5つが考えられます。

✅鼻づまり

✅疲れ

✅肥満

✅老化

✅病気

①鼻づまり

鼻が詰まることによって口呼吸になり「いびき」をかくことがあります。

冬は特に鼻が詰まりやすい季節です。空気が乾燥しているときには加湿をしてあげましょう。加湿をしても改善しない場合は蓄膿症や花粉症、アレルギーの性鼻炎の可能性も考えられます。

また、タバコを吸っている人がいる場合、タバコの副流煙が原因となっている可能性もあります。タバコの副流煙は、犬の鼻への刺激が強く、粘膜を傷つけてしまいます。
鼻の粘膜を守ろうと鼻水が出やすくなり、いびきをかくようになることがあります。

補足
タバコの副流煙は腔内腫瘍の原因となると言われています。ワンちゃんのいるところではできるだけ吸わないようにしましょう。

②疲れ

疲れているときは私たち人間もいびきをかく時があります。

これは犬も同じで、いつもよりたくさん運動したり、お出かけした日など、体が疲れているといつもより多く酸素を求めるためです。

③肥満

いびきをかく原因で最も考えられるのが肥満です。

肥満になると気道に脂肪がつき、気管やのどが狭くなり呼吸がしづらくなるのがいびきの原因です。改善するにはダイエットをするしかありません

④老化

歳をとると舌の筋肉が衰え、気管やのどが狭くなるので若い時よりもいびきをかきやすくなります。

⑤病気

病気が原因でいびきをかくことがあります。

いびきが原因の主な病気

✅鼻炎や気管虚脱など鼻や気管に疾患がある

気管虚脱は空気を肺に出し入れをするための気管が狭くなって正常な呼吸ができなくなってしまう病気で、いびきをかくプードルがなりやすい病気ですゼーゼーという呼吸音がしたら気管虚脱かもしれません。

✅軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

口腔の上側の硬い天井部分の奥にある柔らかい部分(=軟口蓋)が、正常よりも長いことを軟口蓋過長症といいます。軟口蓋が長いと空気の通りが狭くなるため、呼吸がしにくくなります。

✅鼻孔狭窄(びこうきょうさく)

鼻の穴が狭いことで呼吸がしにくくなる病気です。重症の場合手術が必要になり場合があります。

この他に、

✅腫瘍

✅心臓病

が原因でいびきをかく場合もありますので、もし、急に大きないびきをかくようになった場合は、これらの病気の兆候かもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

グーグーといびきをかいて寝ている愛犬をかわいいと思う飼い主さんもいらっしゃると思います。しかし、中には危険な病気が隠れている場合もあります。

  • 急にいびきをかくようになった
  • 寝ている時に苦しそうだ

など、愛犬の様子をよく観察し、不安があるときは早めに動物病院を受診しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ