【トイ プードル】病気の備えは大丈夫?!3つのおすすめの保険

飼い主さん
ペットが病気になったときの費用はどれくらいかかるのかな?
飼い主さん
ペットの病気の備えはどうしたらいい?
飼い主さん
ワンちゃんの入れる保険とかはあるの?
飼い主さん
ペット保険って聞いたことあるんだけど、どんな仕組みなの?
飼い主さん
ペット保険ってどういう基準で選べばいいの?
飼い主さん
おすすめのペット保険ってどれ?

など、ワンちゃんが大きな怪我や病気をしたときの治療費などにどれくらいかかるのか、どう備えたらいいか気になりますよね。

今回の記事では、

今回の記事
  • ペットの治療費
  • ペットの病気の備え方
  • ペット保険のしくみ
  • ペット保険の選び方
  • 3つのおすすめのペット保険
についてまとめました。

ぜひ参考にしていただき、ワンちゃんの不測の事態に備えて、適切なペット保険を選んであげてください。

 

ペットの治療費

飼い主さん
ペットが病気になったときの費用はどれくらいかかるのかな?

ワンちゃんには、人間のように健康保険のような公的な医療保険制度があるわけではないので、病気や怪我で獣医さんに診てもらった際の治療費は、飼い主が全額負担することになります。

そのため、飼い主は万が一に備えて治療費を準備しておく必要があります。

特にトイプードルには、かかりやすい病気やケガがありますので、その治療費がどれくらいなのかを把握しておきましょう。
トイプードルがかかりやすい病気や怪我の治療費
  • 骨折(6万~50万円)
  • 膝蓋骨脱臼(パテラ)(15~35万円)
  • 大腿骨頭壊死症(レッグペルテス病)(8万円~25万円)
  • 白内障(20~30万円)
  • 網膜萎縮(数千円~数万円)
  • 外耳炎(数千円~10万円)

これを診てもらうと、治療費が結構な金額かかることがわかります。

それくらいの金額はいつでも払えるという方には、問題ないかも知れませんが、突然の高額な出費に困る人も多いと思います。

 

ペットの病気の備え

飼い主さん
ペットの病気の備えはどうしたらいい?
飼い主さん
ワンちゃんの入れる保険とかはあるの?
はい。ワンちゃんが入れるペット保険がおすすめです。

ペット保険は、ペットのけがや病気を補償対象とする保険で、全額自己負担のペットの治療費の負担を軽減してくれます。

 

ペット保険のしくみ

飼い主さん
ペット保険って聞いたことあるんだけど、どんな仕組みなの?
ペット保険は、保険料を月払もしくは年払で支払い、万が一の際には、かかった治療費に対して、保険金が支払われます。

保険金は、基本的に以下のようなものに支払われます。

基本的な支払い対象
  • 入院費
  • 通院費
  • 手術代

また、保険商品やプランによっては、以下のようなものも保険金の支払い対象になる保険もあります。

保険商品やプランによって支払い対象
  • 火葬費
  • 車椅子作成費用
  • 賠償責任

また、以下のようなものは、保険金の支払い対象外になる場合がほとんどです。

補償対象外
  • 保険期間が始まる前から被っていた病気やケガ
  • 先天性異常
  • ワクチン等の予防接種や健康診断
  • 正常な妊娠・出産、交配、早産、帝王切開、流産、人工流産ならびにそれらによって生じた症状および傷病
  • 避妊手術、去勢手術
  • 歯の治療やトリミング
注意 トイプードルに多い膝蓋骨脱臼(パテラ)を補償の対象としている保険会社とそうでない保険会社があるため、もしバテラも補償して欲しいと考えているのであれば、加入しようと思っているペット保険で、補償の対象になっているかどうかを保険約款で確認してみてください。
体験談
知り合いの飼い主さんは、親戚のワンちゃんが骨折で手術代が高くて大変だったと聞いていたので、ネットで調べてペット保険に加入したそうです。
知り合いの飼い主さん

万が一手術になってもいいように、補償割合が高いペット保険を選んだので、毎月の保険料は、月3,070円で定額と少し高めの保険料でした。

保険に加入して1年くらいして、うちのワンちゃんが、白内障と診断されました。

ペット保険会社に保険金を請求したところ、最初は、先天性疾患は保険金支払対象外と断られましたが、獣医師に伝えたところ、後発的な要因で発生したものということで、診断書に書いてもらい、保険会社に送ったところ保険金の支払いが認められました。

申請書を送付してから、おおよそ1ヶ月〜1ヶ月半程度で保険金が振り込まれて、ペット保険に入っていて良かったと感じました。

ペット保険の補償期間

ペット保険は、加入申し込みしてから、審査終了後に、保険期間が開始されます。審査終了後に15日〜30日程度の免責期間が設けられてられいて、免責期間終了後から補償期間が開始されることがほとんどです。

保険期間とは
保険契約が続く期間のことで、免責期間も保険期間に該当しますので、保険料の支払いが発生します。
免責期間とは
健康に不安のあるペットの契約が増え、公平な保険制度が維持できなくなることを防ぐための制度で、保険契約が成立しても補償されない一定の期間を指します。免責期間は、各社で違いますので、加入申し込み前に、契約内容をよく確認しておきましょう。
補償期間とは
契約が成立して、免責期間が終了後からの期間で、請求して審査に通れば保険金を受取ることができるようになる期間です。

受け取れる保険金

受け取れる保険金は、補償割合が決められていますので、その補償割合によって決められた保険金を受け取れます。

保険料や補償割合は保険商品やプランによって異なりますので、必要な保証や払える保険料により、自分にあったペット保険を選ぶ必要があります。

補償割合とは
保険の対象となる治療費のうちの何%が保険金として支払われるかを示すものです。
保険会社や商品・プランによって異なりますが、50%、70%のいずれかに設定されている商品が多いようですが、中には、100%で設定されている商品もあります。

保険金の請求の流れ

保険金の請求の流れは、保険商品やプランによって多少異なりますが、大きく分けて、病院窓口での精算する場合と、郵送で保険金を請求する場合があります。

郵送で保険金請求

一度診療費を全額支払った後に保険会社へ連絡、動物病院での診断書を発行してもらい、請求書類と診断書を郵送することで、審査後に指定の口座へ保険金が振り込まれます。

  1. 病気や怪我
  2. 動物病院で治療
    ※必要な場合は診断書を発行してもらう。
  3. 動物病院への診療費の支払い
  4. 保険会社に連絡
  5. 郵送で請求書類や診断書等を送付して、保険金請求
  6. 審査後保険金振り込み

病院窓口での精算

窓口精算対応のペット保険会社が提携する動物病院で診療を受けた場合は、診療費の支払の際に補償に応じた差額を支払います。

  1. 病気や怪我
  2. 動物病院で治療
  3. 動物病院に契約内容に応じた差額分を支払い
  4. 動物病院が保険会社に差額分を請求

 

ペット保険の選び方

飼い主さん
ペット保険ってどういう基準で選べばいいの?
保険商品やプランによって、最大いくらの保険金を受け取れるか、最大何日の通院・入院・手術の回数が補償されるかなど、保証の範囲などが変わります

高額治療を意識した保険や、少額な補償もして欲しい場合など、希望する保証も、それぞれの飼い主さんで違うと思いますので、各保険会社の商品説明を確認して目的にあった保険を選ぶようにしましょう。

高額治療を意識している場合

手術などが必要になった場合、一回の手術で15万~35万円程度の治療費がかかる場合があります。そのような高額治療に備えたい場合には、補償限度額は多めの保険を選ぶとよいでしょう。

補償限度額とは
補償限度額とは、最大で補償される補償金額を指します。補償限度額には、入院・通院・手術それぞれの補償に対して「1日あたりの利用限度額・年間の利用最大回数」を設定しているタイプの保険と、限度額・利用回数の制限を設けずに年間の最大支払い金額が通算で決められているタイプの保険があります。

少額な補償を意識している場合

外耳炎などの耳の病気の場合、軽度な外耳炎なら数千円程度の費用が何度もかかる場合があります。そのような少額な費用が何度もかかる場合に備えたい場合には、フルカバープランの「免責金額なし」の保険を選ぶとよいでしょう。

フルカバープランとは
フルカバータイプのペット保険は、通院・入院・手術をカバーしてくれる、ペットの医療保険として標準的なペット保険です。
通院も補償してくれるので、安心して気軽に病院に行けるので、少額な補償を意識している場合は、おすすめのプランです。
免責金額とは
免責金額とは、補償の対象となる診療費に対して、保険会社が保険金を支払わなくてもよい金額のことで、定めた金額までは保険加入者の自己負担となります。
保険会社は免責金額を設定することで、少額での保険金請求での手続きなどにかかるコストを減らすことができ、さらに頻繁に使われすぎることも防ぐことができるため、保険料を低く抑えた商品を提供することができるようにするためというのが免責金額を設定している理由です。なお、免責金額の設定は保険会社によって異なります。
具体例
では、具体的な例を見ていきましょう。

例1
補償割合:70%
免責金額:10,000円
実際にかかった診療費:15,000円

この場合、実際にかかった診療費から免責金額分を差し引いた5,000円から補償割合の70%である3,500円が支払われます。

例2
補償割合:70%
免責金額:10,000円
実際にかかった診療費:5,000円

この場合は、免責金額より、実際にかかった診療費が下回っているため、全額が自己負担です。

例3
補償割合:70%
免責金額:なし
実際にかかった診療費:5,000円

この場合は、免責金額がありませんので、実際にかかった診療費の5,000円から補償割合の70%である3,500円が支払われます。

例4
補償割合:70%
免責金額:なし
実際にかかった診療費:15,000円

この場合は、免責金額がありませんので、実際にかかった診療費:15,000円から補償割合の70%である10,500円が支払われます。
注意
免責金額の設定ありの場合は、月額の保険料金を抑えて負担を軽減できるので、大きなケガや病気に備える場合には、免責金額の設定ありのほうがメリットがあります。

しかし、設定された金額未満の診療費には補償は適用されないので、よくある日常的な診療費には適用されにくいというデメリットがあります。

免責金額の設定なしの場合は、日常的な診療費から大病までカバーできる点がメリットですが、免責ありの場合と比べて保険料が高くなってしまうというデメリットがあります。

 

3つのおすすめのペット保険

飼い主さん
おすすめのペット保険ってどれ?
おすすめの保険は、どの補償を重視するのかが人それぞれ違ったりするため、どれが1番良いかは人それぞれ違います。

そのため、ここでは、色々な特徴の保険を3つ紹介しておきます。

イーペット e-ペット70・50

安心・充実補償のペット保険は、業界初の初回ケガ全額補償のペット保険、e-ペット70
引用先:e-pet


少額な補償を意識している場合にオススメ!

1日の上限や回数制限、日数制限がないので気軽に安心して病院へ行けますし、70%プランにしておけば初回のケガが100%補償になります。

骨が細くて骨折しやすいトイプードルにはおすすめの保険です。

2歳トイプードルの場合の保険料

e-ペット70 月々3,660円

e-ペット50 月々2,810円

契約者の声
契約者さんA
1回の治療費が7,000円未満が多く、他の保険会社では免責にかかりますが、こちらの会社の免責金額がなく、日数制限や回数制限がないので非常に助かりました。
契約者さんB

初回のケガについて完治するまで治療費を100%補償してくれるというので、e-ペット70に加入しました。骨折した時に、手術代など結構な金額になりましたが、100%補償してくれたので助かりました。

アイペット うちの子


引用先:アイペット損害保険株式会社

面倒な保険金請求が不要!時間がなく忙しい人にオススメ!!

アイペット対応動物病院が、5,000施設以上あり、対応の動物病院が多いので安心です。

アイペット対応動物病院で精算の時に、窓口で保険証を提示するだけで、保険の補償分を除いた金額を支払うだけでよいので、保険金請求の手間がいらないくてとても便利です。

それに、歯科治療や、最先医療に加えて、バテラなどトイプードルがかかりそうな病気はほとんどカバーされていますので安心です。

    • さらに、継続治療が必要な病気でも安心で、前年の病気が補償対象外になったりすることはなく、契約継続時に支払限度日数(回数)がリセットされますし、沢山使ったからといって保険料の割増などもないので安心して治療に専念できます。

2歳トイプードルの場合の保険料

うちの子 70%プラン 月々2,880円

うちの子 50%プラン 月々2,320円

契約者の声
契約者さんC
うちの子は、アレルギー皮膚炎と診断されて、薬浴とお薬の治療で継続して通院しています。

こちらの保険に入っていたおかげで、契約継続時に保険料も上がらず、補償も続いているので、契約継続後も、続けて治療を継続出来ています。

SBIプリズム プリズムコール


引用先:SBIプリズム少短

年齢が上がっても保険料が変わらないので、年齢が高いワンちゃんにオススメ!!

補償割合が100%で、補償限度額以内であれば自己負担が発生しないので、嬉しい保険です。また、ワンちゃんの年齢が上がっても、シニアになるまでは、保険料が変わらないのもおすすめのポイントです。

さらに、補償内容の違うグリーンプランII、プレミアムオレンジプランⅡ、ホワイトプランⅡの3種類からワンちゃんに合わせたプランが選べるのもオススメのポイントです。

2歳トイプードルの場合の保険料

グリーンプランII 月々3,640円

プレミアムオレンジプランⅡ 月々3,150円

ホワイトプランⅡ 月々1,980円

契約者の声
契約者さんD
保険料がシニアの更新まで変わらない点が契約の決め手になりました。

ワンちゃんも高齢になり、病院にかかる頻度も増えてきたので、補償割合100%で補償限度額以内であれば自己負担が0というのも凄く助かっています。

 

まとめ

ペット保険について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

実際にペット保険に入ったあとに、よかったかどうかは、ペットがどれくらい生きるのか、どのようなケガ・病気になるのかによるので実際にその時になってみないと分かりません。

ワンちゃんも飼い主さんも保険に入った時から、刻々と状況が変わっていくかも知れませんので、ペット保険もワンちゃんの状況に応じて見直しなどの対応をしていくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ