トイプードルの子犬との部屋での過ごし方と迎え入れ時の注意

いよいよ明日からワンちゃんとの生活が始まる!

どんな日常になるんだろう

一緒に散歩に行って、おもちゃで遊んで・・・

トイプードルを迎える前日は、とてもワクワクして夜も眠れないくらい興奮しますね。
楽しみの反面、

  • 特に初めて飼われる方は、
  • 子犬とどうやって遊んだらいいのかな
  • 元気そうだから手に負えるかな
  • 迎え入れの準備はちゃんと出来てるかな

こういった不安もあるのではないでしょう。

本日はそんな不安を解消して、楽しく自信をもってワンちゃんを迎えられるように、

  • 子犬の特徴
  • 子犬との部屋での過ごし方
  • 迎え入れ前の最終チェック
  • 迎え入れ時の注意点

こちらをお伝えします。

案外、見落としがちなこともあるので、
この記事で再度確認して、安心してワンちゃんとの生活をスタートさせましょう。

まずは、子犬とはどんな特徴があるのかを見ていきます。

子犬の特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

まあれ(@marenomainichi)がシェアした投稿

  • 好奇心旺盛
  • 元気
  • 止まることを知らない
  • 無知
  • 警戒心や恐怖心を覚える

子犬は、見るもの見るものが新鮮で刺激的で恐れを知りません
ずっと匂いを嗅ぎたい確かめたい衝動に駆られています。そして限度がわかりません
休むことも知らず、ずっと動き続けます。噛む力加減もわからず、おもいっきり噛みます。

これは人間の子供でも同じですね。

だから飼い主の私たちが社会的ルールを教えたり、
休ませたりの健康管理
をしなくてはいけません。

また、生後3ヶ月頃から警戒心や恐怖心を覚えるようになります。
これについては、後半の迎え入れ時の注意点のところでお話します。

では、実際に子犬とどう過ごすのか見ていきましょう。

 

トイプードルの子犬との部屋での過ごし方

 

この投稿をInstagramで見る

 

もな(@mona._0419)がシェアした投稿

おもちゃで遊ぶ

これはとても簡単ですね。ワンちゃんが興味を持ちそうなおもちゃを渡すだけです。
初めは好みがわからないので、色々な種類を用意するといいかもしれません。

そしてワンちゃんによって遊び方も違います
それは、飼い主さんがおもちゃを投げた時の反応でわかると思います。

<一人で遊びたい子>
おもちゃをサークル等の自分のテリトリーに持って行って遊ぶ
飼い主としては
一緒に遊びたくなりますが、
気に入ったおもちゃを夢中で噛んでいる姿を眺めているのも癒されます。

<一緒に遊んでほしい子>
おもちゃを飼い主の近くに持って行き、横で遊ぶ
一緒に遊びたい子の場合は、ボールを何十回投げても飽きずに飼い主の元に持ってきたり、自らおもちゃを持ってきて、遊んでとアピールしてくるよので、一緒に遊んであげましょう。

ワンちゃんからアピールされるので、遊びたいタイミングや好きな遊びがわかりやすいです。

参考までに、子犬におすすめのおもちゃを2つ紹介しますね。

①ボール
こちらは直径5cmと子犬にも適度な大きさのボールです。
音が鳴るのでワンちゃんも興味津々で飛びついてくるでしょう。
天然ゴム製なので頑丈です。

LaRooサウンドボール

 

 

②ロープ
ちょうど歯の生え変わりで歯がムズムズする頃なので、
ロープ素材のおもちゃをおすすめします。
こちらは7種類セットになっており、ワンちゃんのお気に入りが見つかるでしょう。

BIBIELF 犬ロープ 7個セット

 

スキンシップ

子犬にとって、人間の手はとても興味をそそられるものです。

初めはおもちゃのようにカミカミが止まらないでしょう。
力加減がわからず痛いこともあります。
痛いときは「痛い!」と低音ではっきりと伝えて力加減を教えましょう。

また、優しく身体をなでたり、ご飯を手であげてみるなどして、

人間の手は優しい

と覚えると、他の人の手も怖がらなくなる可能性があります。

親犬から離れて、一人ぼっちで寂しい気持ちを癒すこともできるでしょう。
愛情をもってたくさんスキンシップしてあげてください。

休ませる

子犬にとって、睡眠は非常に大切です。
睡眠不足は免疫力低下の原因になるので、しっかりと休ませましょう。

理想の睡眠時間は、18~19時間です。(1日を通しての合計睡眠時間)

1日のほとんどを寝ていることが分かりますね。

起きている時間は5~6時間なので、これを私たちの生活サイクルに当てはめると、
おのずと遊ぶ時間と休ませる時間配分が見えてくると思います。

子犬は疲れを知らずに走り回り、動きが止まりません。
そのままにしておくと、突然パタッと倒れて爆睡することもあります。

その光景にパニックを起こす飼い主さんも多いです。
そうなる前に、少し遊んだらゆっくり休ませましょう

特に迎え入れたばかりの頃は、
寝つきが悪いこともあるのでこの理想の睡眠時間より長めに休ませてください。

最初は興奮して鳴く子もいると思いますが、サークル内をうす暗くして静かな環境を作ります。この時、ワンちゃんがずっと使っていたおもちゃや母犬の匂いのついた物を譲ってもらっていると、落ち着いてお休みモードにも入りやすくなるでしょう。

ここまでで、子犬との過ごし方がわかりましたね。
次は、迎え入れの準備が出来ているか最終チェックをしましょう!

 

迎え入れ前の最終チェック

 

この投稿をInstagramで見る

 

シェリ(@cher_i0718)がシェアした投稿

部屋のチェック4つ

  1. トイレシートや水の準備
  2. おもちゃを置くなら1つだけにしておく
  3. 床や棚の上などに危険なものを置いていないか
  4. 床は滑りやすくないか

ワンちゃんのサークル内には、トイレシートとベッドと水だけとシンプルにしましょう。

迎え入れ初日は、ゆっくり休ませることが必要なので、
ワンちゃんが興味を持つような物は置かず、おもちゃも1つだけにします。

子犬は小さいので、どんな細いところでも入っていけます。
床や棚の上など
ワンちゃんの手の届くところに危険なものはないか、再度確認しましょう。
見落としがちな家電商品や電源コードなどもチェックしてください。

なんでも興味津々に匂いを嗅いだり口に入れます。こんな物も?と思うものに興味を持ちます。

また、床が滑りやすくないかも確認しましょう。子犬は走り回ります。
止まり切れず滑ってケガをしては大変です。
ワンちゃんの行動範囲だけでもマットを敷くことをおすすめします。

タイルカーペットなら、汚れたところだけ外して洗えて便利です。
撥水・消臭と厚さ4mmと薄いので、扉の開閉も問題ありません。

LOOBANI – ペットマット

 

屋外のチェック2つ

  1. 窓から見える景色にワンちゃんが怖がるようなものはないか
  2. 大きな音などがしていないか

念のため、窓の外もチェックしましょう。

特にサークルから外が見えるときは、
ワンちゃんの目線の高さに何か恐怖を感じるようなものはないかを確認しましょう。
人通りが多い場合もワンちゃんが外を気にして落ち着かないかもしれません。

以上のチェック項目はクリアできましたか?
最後に注意点をお伝えします。

 

迎え入れた時の注意点

 

この投稿をInstagramで見る

 

PetitAnge_puppy(@petitange_puppy)がシェアした投稿

ワンちゃんの様子を観察する

お家に来たばかりのワンちゃんは、初めての場所にドキドキしています。
見たこともないものに興味津々で、興奮していることでしょう。

そして私たちも可愛いワンちゃんと遊びたい!ずっと見ていたいと思いますよね。
でも、生まれた場所を離れたショックと、
お家までの移動の疲れなどで心身ともに不安定な状態にあります。

無理をさせないように、数日はサークルから出す時間は短めにして、
ワンちゃんの様子を観察してみてください。
そうすると、おしっこのタイミングやどれくらい遊ぶと疲れが出始めるなどの
1日のサイクルもわかってくると思います。

サークルに慣れさせる

まずはワンちゃんが一番過ごすことになるサークルに慣れることが大切です。

ご飯もサークル内であげることで、ここは自分の場所だと認識するようになり、
サークルにいることが楽しい安心と感じるようになるでしょう。

一人でおもちゃで遊んだり眠ったり、一人で過ごすこともできるようになると、
来客時も安心してサークルで待機することができますね。

知人のトイプードルもサークルが大好きで、
ホームパーティするときは大人しくサークル内でお気に入りのおもちゃで遊んでいるそうです。

大きな声を出したり、追いかけない

生後3ヶ月頃から警戒心や恐怖心を覚え始めるので、
ワンちゃんが興奮して泣いた時に大きな声で怒らないでください。

また、ワンちゃんが逃げた時に
大きな足音を立てて追いかけたり捕まえようとしないでください。

恐怖を感じる体験をするとそれがトラウマとなり、
男性が嫌いになったり、怖がりな子になる可能性があります。

ワンちゃんをビックリさせたり怖がるようなことはしないように気をつけましょう。

雷などの防ぎようのない場合は、ワンちゃんを安心させるように、
大丈夫だよ!
と伝えて、優しく撫でてあげてください。

飼い主さんの冷静な対応とても大事です。

 

まとめ

皆さま、いかがだったしょうか。
ワンちゃんの部屋での過ごし方は

・おもちゃ
・スキンシップ
・休ませる

迎え入れ時の注意点は

・ワンちゃんの様子を観察する
・サークルに慣れさせる
・大きな声を出したり、追いかけない

今回お伝えしたことは、ワンちゃんを迎えるにあたって特に大事なポイントとなります。

迎え入れてしばらくは、環境が変わった為に起こるストレスで体調の変化が起きやすいので、
ぜひこのポイントを頭に入れて置いてください。

これで迎え入れへの不安も解消して、安心してワンちゃんとの生活をスタート出来ますね!

子犬は可愛い反面、意思疎通ができていないために苦労することが沢山あると思います。

私たちも、初対面からすぐに打ち解けられないですよね。
何度も会ってお話して、少しずつ分かり合っていくように、
ワンちゃんともじっくりと時間をかけて仲良くなりましょう。

その他、これからトイプードルを飼う準備をされる方、
またはトイレトレーニング法等を知りたい方はこちらの記事を参考にされてください。

〇初日までに準備する物

トイプードルの飼い方!初日までに準備するもの第5選!

〇トイレトレーニング記事

トイプードルがトイレを覚えない理由は!?覚えるまでの道のり

史上最強ペットシーツ!プレミアムペットシーツ デオ・ダブルを使ってみた‼徹底的にレビューします‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ