トイプードルがペロペロ舐めるのは感情表現?原因と3つの対策!

話せないワンちゃんの「気持ちを知りたい!」と思う時ないですか?
あるある!よくわからない行動をしている時に、何が言いたいのか気持ちが分かったらいいな~って思います。
実は、ワンちゃんがペロペロ舐める行為から、ワンちゃんの気持ちがある程度わかるんですよ!
そうなんですか?
うちの子、ペロペロよく舐めていますけど、僕に伝えたいメッセージがあるってことなんですか?
はい。ワンちゃんがペロペロ舐める行為は、感情表現の1つです。今、どんな気持ちなのか、また、ワンちゃんが抱えているストレスや病気のサインに気づくこともできます。
それは、知りたい!

それでは、本記事では下記について徹底解説します。

本記事の内容
  • 犬が人・自分・物を舐める時の気持ち
  • 舐める行為でわかるSOS
  • 舐めるのをやめさせる方法

ワンちゃんが舐める理由を知れば、愛犬の気持ちや、ストレス病気などのSOSに気づいてあげることができます。きっと愛犬との暮らしにも役立てていだだけると思いますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

 

人を舐めるワンちゃんの5つの感情表現

女性の顔を舐めるジャックラッセルテリア
(引用:https://qpet.jp/dog/column00496/)

5つの感情表現
  1. 愛情表現
  2. おねだり
  3. 嫌なことの抵抗
  4. 安心感
  5. 落ち着かせるため

◆◆①愛情表現◆◆

家に帰ってくるなり、しっぽをちぎれんばかりに振りながら、手や顔中を舐めまわしてきます。
それはずばり、愛情表現です。飼い主さんが帰ってきたのが嬉しすぎる大好きでたまらない、という気持ちです。

愛情表現で、舐めてると思うと、可愛いですね。

◆◆②おねだり◆◆

愛犬が、テレビを観ている時、パソコンで作業をしているときなど、ペロペロ舐めてきて、集中できません。

飼い主さんの気を引いて「なでて!」「遊んで!」おねだりしているのかも。

ほかにも、飼い主さんの持っている物や食べ物を「それちょうだい」という気持ちを表現するために手をペロッと舐めたりもしますよね。すべて、おねだりだったんですね。

◆◆③いやなことへの抵抗◆◆

愛犬の爪を切るために爪切りを持ったり、ブラッシングしようとブラシを持つと、持っている手をペロペロ舐めてきます。

もしかしたら、そのワンちゃんは、爪切りや、ブラッシングが苦手なのかも「もうやめて~!」「かんべんして~!」と訴えているのかもしれません。

舐めて、抵抗するなんてかわいい抵抗ですよね。

◆◆④安心感◆◆

愛犬を膝にのせてリラックスしている時に、優しくペロペロと手を舐めてきます。
それは、ワンちゃんもとってもリラックスしている状態だと思います。大好きな飼い主さんの手の中で極上の幸福感や安心感を感じている表現かもしれません。

ワンちゃんが幸せを感じている気持ちの表れだったんですね。それを知ると愛らしくなりますね。

◆◆⑤落ち着かせるため◆◆

赤ちゃんが泣いていると、赤ちゃんの顔を愛犬が舐めています。どうして?
犬は、ストレスを落ち着かせるために自分の体を舐めることがあり、そのため相手を落ち着かせるためにも舐めることがあります。赤ちゃんに「落ち着いて!大丈夫だよ!」というメッセージを送っているのかもしれません。

赤ちゃんを舐めながら飼い主さんを見る場合は、飼い主さんに「赤ちゃんが泣いているから、あやしてあげて!」と訴えているようですよ。

気をつけたい細菌感染】

ワンちゃんから感染しやすい病気の一つに「パスツレラ病」があります。

パスツレラ菌は、ワンちゃんのお口の中の常在菌の一つで、ワンちゃんが飼い主さんの口元を舐めたりした時に人に感染する可能性があります

免疫力が落ちていて時は細菌感染しやすくなってしまいますので、特に注意が必要です。

 

自分の体や口の周りを舐める理由

...
(引用:https://alphaicon.com/article-details/1088)

自分の体を舐める時

体を舐める3つの理由
  1. ストレス
  2. 暇つぶし
  3. 痛みや痒み

◆◆①ストレス◆◆

自分の足をペロペロと舐め続けています。皮膚が赤くなるまで舐めていることもあります。
それは、ストレスが溜まっている可能性があります。「強迫神経症」という病気になり自傷行為に陥っているのかもしれません。
強迫神経症とは

散歩や運動の時間が短い、狭い空間に閉じ込められているなど様々な理由からストレスが溜まり、患ってしまう病気です。

  • 自分の体を噛んだり舐めたり毛をむしる、自傷行為
  • 同じ場所を何度も行き来する
  • 特に理由がないのに吠える、鳴く
  • おもちゃなど物をずっと舐め続ける

といった症状が見られます。

◆◆②暇つぶし◆◆

上目遣いで見つめながら、自分の手をペロペロしています。
「あ~ひまだな~!」と思っているのかも。手や足を舐めて暇つぶしをしながら、飼い主さんに「構ってもらいたいな~」とアピールしているのかもしれないですよ。
◆◆③痛みや痒みがある◆◆

同じ部位を舐め続けています。舐めている個所を触ろうとすると、うなり声をあげたりします。
犬は、体のどこかに違和感を感じたり痛いところを舐めますので、怪我をしていたり皮膚炎など何らかのトラブルが生じている可能性があります

痛みや痒みのSOSに気づいてあげたいですね。

口の周りを舐める時

自分の口の周りをペロペロとずっと舐め続けています。
口の中に違和感がある時や口内炎歯周病などの疾患があると時に口の周りを舐めます。また、吐き気があるときにもペロペロ舐めることもあります。

口の周りを舐める原因として、歯周病や、内臓や脳の病気による吐き気が生じていることもあります。ペロペロ舐め続けている場合は、一度、獣医さんに診てもらうといいですね。

 

物や床を舐める5つの理由

物や床を舐める5つの理由
  1. 眠い時
  2. においが気になる
  3. おいしそうなにおい
  4. 暇つぶし
  5. ストレス

◆◆①眠い時◆◆

寝る前になると、タオルを舐めたりしています。
それは、眠い時の行動です。お母さんの被毛に包まれ、おっぱいを吸いながら眠っていた記憶と関係があるようです。やわらかいタオルや毛布を舐めるのは、お母さんに触れていた感触を思い出して安心しているのかもしれないですね。

◆◆②においが気になる◆◆

脱いだ靴下や、スリッパを舐めています。くさいと思うのにどうして舐めるんだろう?
犬は気になるニオイに、本能的にペロリと舐めることがあります。人間の嗅覚からは「くさっ!」と思えるにおいが意外と大好きだったりします。

ワンちゃんが、自分の靴下や足を舐めている時は、臭いってことかも!?(汗)

◆◆③おいしそうなにおい◆◆

床を舐めまわしています。これって病気?
床に落ちた食べ残しがあったり、おいしいにおいが床についていたら、舐めてしまいます。また、空腹状態の時も食べ物を求めて床を舐めることがあります。

ワンちゃんの衛生的にも良くないので、なるべく床に食べ物を落とさないようにしたいですね。

◆◆④暇つぶし◆◆

特に、食べ残しがあるわけでもないのに、床やソファーなどを舐めるのはどうして?
犬は、「退屈だな~」と思っている時にも、暇つぶしに床やソファーなどを舐めることがあります。また、退屈が長引きストレスに発展することもありますので、注意が必要です。

◆◆⑤ストレス◆◆

何もないのに、床やカーペットを舐め続けています。止めてもやめません。
不安や退屈、運動不足などストレスからそのように舐め続ける行動をとってしまうことがあります。ストレスが溜まっているのを放置していると、自傷行為に走ることもあるため注意が必要です。

ワンちゃんの心のSOSにいち早く気づいてあげたいですね。

 

舐めるのをストップさせる3つの方法


(引用:https://www.min-petlife.com/102889)

これまで、見てきたように、ワンちゃんが舐めるには理由があります。

ペロペロ舐める仕草は、見ていてかわいいですが、異常に舐め続ける行動は心配になりますね。飼い主さんとワンちゃんの健康のためにも、ワンちゃんの舐める行為の原因を取り除いてあげたいですね。

ワンちゃんが舐める理由を、大きく3つに分類してみました。

  1. 嬉しさあまりで興奮してペロペロ舐めるタイプ
  2. 運動不足などのストレスによるもの
  3. 怪我や病気

このことを踏まえて、以下の3つの方法を試してみてください。

舐めるのをストップさせる方法

✅主従関係を築く

✅一緒に遊ぶ

✅動物病院に連れていく

主従関係を築く

ワンちゃんが人の顔を舐めようとしたときに、「おすわり」または「マテ」「フセ」など、指示を出し止めさせるようにしましょう。

ワンちゃんが、その指示にすぐに従えれば、人に飛び付いて舐めることが事実上できなくなります

おすわりやマテをしている間に、興奮も落ち着いてくるでしょう。

そのためには、きちんとした主従関係ができていないといけません。その関係ができていないと指示を出しても聞いてくれないからです。

ワンちゃんが飼い主さんの指示に従った時には、しっかり褒めてあげることも忘れずに行ってくださいね。

▼主従関係の築き方は、こちらの記事を参考にしてください。▼

トイプードルはずる賢い!?わがままにならないための対策!

一緒に遊ぶ

舐める理由には「構ってほしい」「退屈」「運動不足だよ~」といったメッセージがあります。コミュニケーション不足運動不足によるストレスが溜まっていいる可能性があるので、ワンちゃんがペロペロ舐めだす前に、一緒に遊んであげるようにしましょう

ワンちゃんは、遊びが大好きです。しかも、飼い主さんと一緒に遊ぶことで、飼い主さんの愛情を感じ、とっても幸せを感じます。

愛情欲求が満たされると、必要以上に構ってもらいたがることも少なくなりますし、異常なまでの興奮も減り精神状態も安定します。

散歩とは別で、30分くらいでも大丈夫ですので、ぜひ、ワンちゃんと一緒に遊んであげる時間を作ってくださいね。

動物病院に連れていく

病気や怪我などが原因で舐めている場合は、動物病院に連れていき獣医に診てもらいましょう。原因が治れば、舐める行動もおさまります。

 

まとめ

ワンちゃんが、人や自分の体、物などを舐めるといった行動には、さまざまな理由があります

その理由を知れば、大切な愛犬の気持ちを理解しストレスや病気のSOSに気づくことができ、それに応じた対策をとることができます。

ペロペロ舐める対策としては、

ワンちゃんとの主従関係を築き、ワンちゃんを安心させてあげる

✅ワンちゃんと一緒に遊ぶ時間を作り愛情欲求を満たしてあげる

✅怪我や病気が原因の時は動物病院に連れていき治療する

ことがきます。

これからも、ワンちゃんと気持ちを通い合わせる素敵な生活を送ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ