【トイプードル】手作りお菓子を作る!簡単クッキーレシピ!

ワンちゃんがとっても大好きなもの、それは、おやつです。

私たち人間も、おやつは気分転換になったり、リフレッシュしたり、とっても幸せな気分にしてくれます。

ワンちゃんも同じです。おやつをもらうためなら、ちょっと大変な訓練も頑張れちゃいます。

でも、ワンちゃんにおねだりされるままに、おやつを与えているとると恐ろしいことになります。

  • 超おデブちゃんになる
  • 病気にかかりやすくなる
  • ワガママちゃんになる

といった危険があります。

大切なワンちゃんの健康を守るためには、おやつを控えたいところ。でも、それは可哀そうと思われる方におススメしたいのは、おやつを手作りすることです!

でも、

”手作りって難しそう”

”犬用のお菓子の本を買ってみたけど材料をそろえるのが大変”

”手作りは時間も体力も費用もかかる”

と思っておられる方にとって、手作りお菓子はハードルが高く感じてしまいます。

それで、今回は、家にある材料パパッとできてしまう超簡単でワンちゃんの健康に安心なおやつの代表作であるクッキーのレシピをご紹介していきたいと思います。

なぜ、クッキーを選んだかというと理由があります!その点は、あとで説明しますね。

その前に、おやつは本当に必要なのか、また、おやつを与える際の注意点を確認しておきましょう。

 

ワンちゃんにおやつは必要?いらない?

ワンちゃんに、おやつは必ず必要とは言えません

それは、人間も同じですよね。おやつがなくても生きていけます。

しかし、しつけのご褒美としてあげるなら、ワンちゃんのモチベーションはグッとあがるので、私は少量ならおやつを与えることはいいことだと思ってはいます。

また、ワンちゃんが食が細かったり、病気で食事で栄養が取れない、といった場合には、おやつで栄養補給をすることもできます。

ワンちゃんのお薬をおやつに混ぜて飲ませるなど、治療のためにおかしを活用している方もおられます。

飼い主さんの思いや、ワンちゃんの健康状態などによって、おやつの必要性に関する意見は異なってきます。

もし与えることにする場合に、覚えておきたい点は、ワンちゃんは、おやつのおいしさを知ってドックフードを食べなくなるといった偏食、また、わがままになったり、肥満にる場合もあるということです。

それで、おやつを与えるときは与え方に注意が必要です。

  • おやつの量

おやつは肥満などの病気の原因になることがあります。1日の必要カロリーを超えないようにし、おやつは必要カロリーの10%ぐらいに抑えましょう。

ワンちゃんに合った、1日の必要カロリーの計算の仕方は、こちらの記事を参考になさってくださいね。

うちの子は理想体型??食事の管理で理想体型を維持しましょう

  • おやつの与え方

欲しがるままに与えていたら、わがままになってしましますし、ワンちゃんの健康にも悪影響があります。

おやつを与える時のタイミングを決めておき、それ以外の時におねだりされても、絶対に与えない毅然とした態度が必要です。

おやつは、ワンちゃんとのコミュニケーションの一つですので、以上の点を気を付けつつ与えてくださいね。

では、ここからは、おやつを手作りにしてみると、どんなメリットがあるのか、見ていきましょう。

 

手作りお菓子の3つのメリット

私が手作りお菓子をおススメする3つの理由

  • 無添加
  • 低カロリー
  • 愛情

無添加

手作りの最大のメリットは、何といっても無添加良質な原材料で作れることですよね!

市販の安いおやつには、体に悪い添加物がたっぷり含まれています。

原材料も人間の食材と比べて品質の悪い食材を使っています。

その点、手作りお菓子は、無添加で良質な材料で、しかも低コストで作ることができます。

安心安全なお菓子をワンちゃんに食べさせてあげられます。

低カロリー

ワンちゃんは、甘いもの大好きです。

でも、砂糖が入っているお菓子はすぐにカロリーオーバーし肥満の原因になってしまいます。

それで、手作りするなら、お砂糖の代わりに、サツマイモ、カボチャ、ニンジンなど甘みのある野菜を使い、ほんのり甘く低カロリーなお菓子を作ることができます。

小麦粉の量を減らして、おからを使うなどして低カロリー健康に良いお菓子を実現させることができます。

愛情入り

手作りのお菓子って、市販にはない優しい味がします。好きな人からもらう手作りお菓子は、ひときわ美味しく感じるものですよね。

わたしは、手作りお菓子がなぜ美味しいのか、その秘訣は、愛情が込められているからだと思っています。

ワンちゃんも、飼い主さんの愛情の込められた手作りお菓子に、テンションがあがるはずです。

家族の一員である大切なワンちゃんのために、愛情たっぷりのお菓子をつくってあげたいですね。

ただし、以下の点では注意が必要です。

 

お菓子作りの注意点

ワンちゃんには、食べてはいけない食材があります。

手作りお菓子を作るときには注意しましょう。

  • チョコレート・ココア

チョコレートの中のテオブロミンという成分を分解できず中毒症状を引き起こします。嘔吐・下痢・興奮・多尿・けいれんなどの症状が出ることがあります。

  • レーズン

嘔吐したり、急性腎不全を引き起こす可能性があります。

  • マカデミアナッツ

消化が悪い食材なので、消化管閉塞、下痢、嘔吐、便秘などを引き起こしたり、神経症状を引き起こす可能性があります。マカデミアナッツだけでなく、ナッツ類は、全般的に消化が悪いため、避けたほうが無難そうです。

  • 牛乳

牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素を持っていないワンちゃんは、下痢を起こしやすくなります。

子犬の時からずっと人間用の牛乳を飲んでいるワンちゃんは酵素を持っているため、問題ないようです。

  • その他

ワンちゃんが、もし何らかの食物アレルギーを持っていなら、その食品を食べることで死に至ることもありますので、注意が必要です。一度、獣医さんに食物アレルギーの有無を診てもらうことをおすすめします。

また、ワンちゃんの体質によって、合わない食材もあります。初めて、与えるときは少量ずつにして、しばらく体調の変化を確認するといいですね。

 

超簡単クッキーレシピ!

ここからは、超簡単にパパっと家にある材料で作れる、おすすめ手作りクッキーをご紹介します。

今回、手作りお菓子にクッキーを選んだのは、ワンちゃんにとって、満足感の高いお菓子だからです。

クッキーは、やわらかいお菓子よりも、かむ回数が増えて、少量でも満足することができます。

また、硬すぎるということもないため、歯がかけてしまう心配もありません。

簡単低コストで、美味しく安全満足感の高いお菓子、それがクッキーということです。

簡単プレーンクッキー

なんと、材料はたったの3つ!家にある材料でパパっとできてしまいます。

オリーブオイルを使うことで、便秘解消や、皮膚や毛の健康維持に効果があるのでおすすめです。

【材料】

小麦粉 100g
オリーブオイル 大さじ2
水 大さじ2~3

【保存版】材料3つ!犬用クッキーの作り方

引用:https://ameblo.jp/circus-blog/entry-12593045989.html

超簡単!犬用クッキー(ボーロ風)

はちみつ入りでほんのり甘く、人も一緒に美味しく食べられます。

このレシピでは、牛乳を使っていますが、不安な方は豆乳に変えてもいいと思います。

【材料】
片栗粉 20g
薄力粉 20g
牛乳 大さじ1
ハチミツ 大さじ1

超簡単!犬用クッキー(ボーロ風)
超簡単!犬用クッキー(ボーロ風)

【つくれぽ100件】焼きあがりまで約20分!すぐに作れるハチミツ風味の犬用クッキーです!2017.4.17話題入り感謝!

 

 

引用:https://cookpad.com/recipe/1659310

人も食べられる☆犬用かぼちゃクッキー

お砂糖不使用、カボチャのほんわか優しい甘さを感じるクッキです。

カボチャの代わりにサツマイモやニンジンを使うこともできます。

お野菜入りで、とっても体に優しいクッキーです。

【材料】
薄力粉 70g
かぼちゃ 100g
オリーブ油 15g
ヨーグルト(無糖)15g

人も食べられる☆犬用かぼちゃクッキー

人も食べられる☆犬用かぼちゃクッキー人も食べれるかぼちゃのクッキーです。砂糖不使用ですが、かぼちゃの味、甘みがするので、私も大好きなクッキーです。

 

 

引用:https://cookpad.com/recipe/3297933

まとめ

大切なワンちゃんにあげる、手作りクッキーはいかがだったでしょうか?

「手作りって、ハードル高そう!」って思っておられた方も、意外と簡単に作れることが、お分かりいただけたでしょうか?

手づくりクッキーは、無添加低カロリー低コストで作れて、大切なワンちゃんの健康を守ります。飼い主さんの愛情たっぷり込められたお菓子は、きっとワンちゃんのも癒すに違いありません。

ぜひ、手作りクッキーにチャレンジして、ワンちゃんとの温かな絆を深めていかれてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ