【トイプードル】熱中症の症状は?対策はどうしたらいいの⁈

夏の暑い日が続いたら、人も犬も熱中症にならないように水分補給など注意しないといけませんよね。

人の場合は、喉が渇いた、体調が悪くなったなど自分で訴えかけたり、水分補給をしたり自分で対策することができますが、犬は喋れません自分で対策をすることができません。

あなたのおうちのトイプードルが熱中症になったり、況してや命を落としてしまったことを考えると耐えがたいですよね。

熱中症は、犬の命に関わることのある恐ろしい病気なので、飼い主さんが犬の様子を注意深く見てあげて熱中症の症状に気づいてあげ、適切な応急処置をより早くしてあげる必要があります。

しかし、犬の熱中症の症状や、対策や応急処置のやり方など分からないという人もいると思います。

この記事では、犬の熱中症の原因や症状、熱中症対策や予防策などについてまとめていますので、是非熱中症にさせないためにも参考にしてみてください。

 

熱中症の原因と症状

熱中症は、体温上昇とともに脱水によって血液が濃縮し、血圧が低下することが原因で発症します。

悪化すると死亡や後遺症につながることもある常に危険な病気です。

特に犬は体温調節が苦手な動物で、犬の皮膚には汗腺がないので、人間のように汗をかいて体温調節をすることができません。

犬は、汗をかかない代わりに、パンティングと呼ばれる口を開けて「ハァハァ」と呼吸することによって、体温を調節しようとするのですが、ほとんど効果がありません

熱中症になると初期症状として、このパンティングが通常よりも速くなります。

犬は、体温が40℃を超える危険な状態となり42℃超になると死の危険があります。

体温の急上昇とともに、以下のような症状がみられる場合は熱中症の可能性があります。

  • 呼吸が荒い
  • 舌や口の中の色が赤い
  • 落ち着きがない
  • よだれが多い
  • 自分で水を飲みに行かない
  • 食事をとらない
  • ボーッとしている
  • フラフラしている
  • 横になって起き上がろうとしない
  • ぐったりして元気がない

まずはこれらの症状がないか確認することが、熱中症を見分けるポイントとなります。

しっかり、見てあげるようにして、熱中症の症状が確認できたらすぐに応急処置を行うようにしましょう。

 

熱中症の応急処置

熱中症と思われる症状がみられたら、病院に連れて行く前に、できるだけ早い対処が必要ですので応急処置を行いましょう。

犬を日陰で涼しく、換気のよい場所に移動させ、体に水をかけ、太い血管のある部分に氷をあて、さらに濡れた体に風を送り体温を下げるようにしましょう。

また、水分補給もしてあげなければなりませんが、飲まない場合は、無理に飲ませないようにしましょう。

応急処置が済んだら自己判断はせずに、すぐに動物病院に連絡して、受診が必要な場合は体を冷やしながら搬送しましょう。

私の知り合いのワンちゃんは、エアコンをつけた部屋でお留守番していたのですが、飼い主さんが帰るとワンちゃんの体も熱くなり、息も荒い状態になっていたそうです。

出かける時には、エアコンを冷房で26℃にしていたのですが、エアコンがオーバーヒートを起こして一時的に止まるなどの不具合が起こっていたらしく、室内の温度が上がって熱中症になってしまったようです。

幸いにも、応急処置が早く、10分ほどで症状が収まり、大事には至らなかったということでしたが、ワンちゃんの異変に気がつかなかったり、早急な応急処置ができていなかったら、大変なことになっていました。

みなさんのうちのワンちゃんが、そうならないように予防策や応急処置の仕方をしっかり覚えておきましょう。

 

熱中症の予防策

熱中症の予防策として以下のような点に心がけしましょう。

  • エアコンや扇風機を使用し、室内の温度は25〜28℃、湿度は45〜65% に調整。
  • 留守番などさせる際には、エアコンなどの調子などを事前に確認。
  • 夏場は、長いお留守番はなるべくさせない。
  • お散歩や外出は涼しい時間帯を選び、夏は朝晩の涼しい時間帯に行く。
  • お散歩や外出の際は、犬の飲み物を持ち歩いて水分補給を行う。
  • お散歩や外出の際は、うちわや扇子なども持っていき、こまめにあおぐ。
  • 外出の際には、絶対に犬を車内に置いていかない。

私の知り合いのワンちゃんは、熱中症対策として、愛犬用熱中症チェッカーというのを使っていました。

これは、愛犬の熱中症の危険を知らせてくれるチェッカーで、内蔵センサーで読み取った気温、湿度、ワンちゃんの身体状態などの組み合わせから、発症の危険度を3段階でブザーとLED点灯とで知らせてくれるというものです。

知り合いは、ワンちゃんの異変に気がつかない危険を軽減してくれるので飼い主としても、少し安心できるので使っていると言っていました。

3,000円前後で買えますので予防策として使ってみてもよいと思います。


まとめ

トイプードルにとって、熱中症は、命に関わることのある恐ろしい病気です。

熱中症の予防策をしっかりして、まずは熱中症にならないように予防することが大切です。

室内犬であるトイプードルは、お出かけ以外はお部屋の中で過ごさしますので、特に室内の温度は25〜28℃、湿度は45〜65% とお部屋の環境をしっかり管理してあげることで熱中症になるリスクをかなりの確率で抑えることができます。

あとは、お留守番やお出かけの際など、目を離してしまう時に不測の事態が起こらないようにしてあげることが大切です。

そして、お出かけやお散歩の際には、万が一にも備えて、応急処置などのための準備を用意して出かけるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ