トイプードルと一緒にフリスビーやボールを使って遊ぼう‼︎

やんちゃ盛りで、遊んでとせがまれて朝早くから起こされたり、一緒にたくさん遊んだ後でも、数時間後には元気に遊びに誘ってきたりして。

えっ!もう遊ぶの!?と底知れぬエネルギーに驚いたご経験はありませんか?

しばらくかまってあげられない期間があったとき、気づくとバスタオルがぐちゃぐちゃ。ぬいぐるみがボロボロに。無残な姿と化していたことがありました…

エネルギーがうまく発散できず燻ってしまうと、発散するためにこのような問題行動につながってしまうことも。

更にエスカレートして飼い主さんの言うことを、聞かなくなってしまっては大変。

飼い主さんとワンちゃん双方が、負担なく満足できる遊びの1つに、ボールとフリスビーがあります。

単なる運動の役割を果たすだけでなく、細かいステップに分けて指示を出して練習するので、しつけの役割も果たします。

また、楽しく遊びながら、お互いの信頼関係も構築できます。

極めることは難しいですが、たくさんの遊びかたがあるので、初心者さんでも大丈夫。まずは気軽に始めてみてくださいね。

 

トイプードルにとっての遊びとは?

トイプードルは、もともと狩った鳥を走って持ちかえる水鳥猟で活躍しいていた歴史があり、運動量を必要とする犬種です。
そのため、可愛らしい見た目以上に賢く、スポーツが万能。

1日1時間程度の運動量が理想とされますが、個体差がありそれ以上必要とする子もいます。

つまり、トイプードルにとって遊びは、ストレス発散になる必要な運動量ということですね。

 

ボールやフリスビーで遊ぶメリット

  1. ストレス発散になる
  2. しつけに役立つ
  3. 信頼関係が向上する
  4. 屋内、屋外どこでも遊べる
  5. 初心者からベテランまで対応できる

ストレス発散になることはもちろん、ボールやフリスビーを咥えたり離したりする動作を教えることで、しつけにも役立ちます。

引っ張りっこやボールを転がすなどの単純な遊びから、投げたボールやフリスビーをキャッチしたり、宝探し感覚で隠して見つけもらう高度な遊びまで使い方次第で、幅広く対応できます。
そのため、投げたボールやフリスビーを持って返ってくることが出来なくても、初心者さんにも十分楽しめます。

またこれらの遊びは、ボールやフリスビーがあれば屋内や屋外かかわらず、どこでも出来ることも取り入れやすいメリットですね。

 

ボールとフリスビーどちらがいいの?

トイプードルは基本的に、個々の性格や罹患している病気を除外すれば、ボールもフリスビーも適した犬種ですよ。

ボール

ボールは誰にでも扱いやすく、犬種や年齢を問わず取り入れやすく、咥えたり、転がしたりするだけでも気軽に楽しめるので、初心者さんや小さなお子さんがいる場合にオススメです。

ボールでの遊びかたは下のようなものがあります。
室内で実施できるものもあるので、雨が降っても平気です。

  • パスやドリブル
  • 引っ張りっこ
  • 投げたボールをキャッチ
  • ボール探し
  • ワンちゃん同士でボール追い

フリスビー

人が投げるフリスビーを犬が全速力で追いかけてキャッチするという爽やかなドッグスポーツです。

フリスビー1枚あればできる手軽さと人と犬との一体感が大きな魅力です。身軽でジャンプ力があるトイプードルは、練習すれば優秀なフリスビードッグになれる素質があるかも。

競技にご興味があったり、ワンちゃんと一緒にスポーツを楽しみたいという方にオススメです。

ものに対する犬の執着心と時来欲を利用した遊びなので、好奇心や執着心の薄いおっとりした性格だとあまり興味を示しません。

活発で陽気、ボールやおもちゃが大好きで離さないといったタイプのワンちゃんが性格的に向いています。

もちろん使い方によっては、ボールと同じように引っ張りっこなどもできますよ。

ジャンプすることによって腰や足にかなり負担がかかるので、足や関節に異常が見られる場合は適しません。

本格的にフリスビーをやりたいとお考えの場合、1度動物病院で関節に問題が無いか診てもらうことも、オススメです。

 

ボールやフリスビーで遊んでみよう

ボールやフリスビーの選びかた

ボール フリスビー
サイズ 1番危険なことは、誤食です。大きすぎても自分には無理と遊ばない可能性があるため、咥えたときに、両端がはみ出す大きさが安全なサイズの目安です。 超小型犬、小型犬、中型犬、大型犬まで種類があります。
かたさ 顎の力が弱い小型犬や高齢犬の場合、牛革のような硬すぎるボールでは、歯を痛めてしまう可能性があります。触って軟かさを確かめてみましょう。 シリコンや布などの柔らかい製品から、よく飛ぶプラスチックの硬めの製品まで様々です。初心者さんは、ワンちゃんのからだに当たっても痛くない柔らかいフリスビーがオススメです。
素材 可愛いデザインも多いですが、すぐに壊れてしまうとコスパが悪く、小さく取れたものを誤飲する可能性があります。シンプルな作りや分厚いゴム製だと比較的壊れずらいです。壊れてしまっても、飼い主さんがすぐに回収できる環境であれば問題ありませんよ。 プラスチック、シリコン、布、ロープ製品があります。競技大会に出場をお考えの場合、大きさや素材が定められていますので、プラスチックのフリスビーに慣れさせておくと良いでしょう。

遊んでくれないと意味がありませんので、最終的にはワンちゃんの性格や好み次第です。色々試して何が1番好きか、好みを探してみてくださいね。

独断と偏見のおススメ品

誠に勝手ながら、ネットの反応や私が使いやすと思った、オススメのボールとフリスビーをいくつかピックアップしましたので、ご参考になさってください。

  • WeinaBingo犬用 玩具ボール
    ゴム素材のボール

ワンちゃんが遊ぶ王道品のボールと言えばこれでしょう!私はボールと言えば初めからこれかしか頭に浮かばなかったですね。食品にも使われる安全性の高さ、耐久性のあるゴム素材で、咥えると音が鳴ったり、不規則にバウンドするなどの工夫もされていて飽きずに、ずぅ~っと遊んでくれます。

 

  • MixMart 犬用 歯磨きボール
    歯磨き作用やフードを中に入れることができる+αのボール

こちらは、遊びながらでも噛むことで歯をキレイにしてくれたり、一石二鳥的な使い方が出来ます!ワンちゃんのお口のエチケットは非常に重要なので、遊びながらの要素が加われば飼い主さんにとっても手間が省けますね。フードを中に入れてコングのように使えるプラスαの機能なんかもあったりして使い方のバリエーションがとても豊富でおススメです。

 

  • 【DOG-O-SOUR  Jr.】
    柔らかい素材のフリスビー

特に初心者飼い主さん向けです。ドッグランで見かけるような華麗にジャンプしてキャッチする様を思い描き憧れているのならば、とりあえずコヤツをお試しあれ!柔らかいシリコン素材でできており、噛んでも耐久性がありつつ、からだに当たっても痛苦ありません。

 

  • 【JFAスカイドッグディスクM(190ミリ柔軟素材)】
    かたい素材のフリスビー

上級者向け!フリスビー遊びから、息ぴったりのパフォーマンスに快感を覚えたいのならこれです!フリスビーの競技でも使用されており、本格的にチャレンジしてみたい方にオススメです。

 

練習方法のステップ

お好みのボールやフリスビーが決まったら、あとは実践あるのみ。

できなくても楽しめるかもしれないけど、せっかくなら、公園や広い場所でボールやフリスビーを投げて持って返ってきてくれたら、もっと楽しめそうですよね。

ボールを投げて持って返ってくる遊びやフリスビーは、練習する上で共通していることがあります。それは、細かいステップに分かれていること。

  1. ボールやフリスビーに慣れさせ、興味を持たせる
  2. 投げたり、転がしたボールやフリスビーを咥える
  3. 戻ってくる
  4. ボールやフリスビーを返す、離す

呼び戻しと飼い主さんの指示で、咥えているものを離すことができることが前提となります。フリスビーは、投げ方も練習する必要があります。

チャレンジしてみたいけど、どこからやっていいのか分からない…という方に、分かりやすい動画をボールとフリスビーに分けて、ご紹介します。

  • ボール遊び

引用:犬のしつけチャンネル

興味がない子への方法から色々なケースに応じて解説されています。動画に合わせてテロップが入っているので、理解がしやすいです。

  • フリスビー

引用:犬のしつけチャンネル

動画がステップごとに3シリーズでまとまっており、ステップごとに進めやすいです。

ボールもフリスビーも、飽きるまでやらないこと。初めは、10分くらいの短い時間から、少しずつスタート。もうちょっと遊びたい!というところでやめると長続きしそうですよ。

まとめ

トイプードルは、運動量を必要とする犬種のため、遊びはストレス発散に重要です。お散歩以外に、ボールやフリスビーで一緒に遊べたら、気分転換や私たちが疲れているときにも投げることでかまってあげられます。

初心者さんにも簡単に取り入れやすいのはボール、一体感を持って本格的に運動をしたい方にはフリスビーがオススメです。

ボールやフリスビーにも様々な種類がありますので、サイズ、かたさ、素材、性格や好みの4つを選ぶ基準とすると、その子にあったものを選びやすくなりますよ。

ワンちゃんの運動やしつけにも役立ち、私たちの運不足解消にもなり、ボールやフリスビー。ぜひ、楽しんでみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ