トイプードル カラーの選び方!どんな基準で選べばいいの⁉︎

トイプードルの毛色には、たくさんの色があり、飼う際に、どの毛色にしようか迷っている人もいるのではないでしょうか。

悩んで決めかねている間に、買おうか迷っていた毛色の子が飼われていってしまったりして、後悔することにならないようにしないといけません。

まず、どのような基準で毛色を選んだら良いのかをハッキリさせることから始めると良いでしょう。

基準を決める上で、毛色の違いでどのように変わるのかを知っておく必要があります。

この記事では、トイプードルの毛色を選ぶ上での基準と違いをいくつかご紹介していきます。

トイプードルの毛色を選ぶ際には、参考にしてみてください。

 

トイプードルの毛色の種類

トイプードルの毛色を選ぶ際、毛色はどんな色が何種類あるのかを知っておかなければ選ぶことができませんので確認しておきましょう。

トイプードルの毛色は、豊富で、JKC公認の毛色だけで、以下に記載した11種類もあります。

  • レッド
  • アプリコット
  • ブラック
  • シルバー
  • ホワイト
  • クリーム
  • ブラウン
  • ブルー
  • グレー
  • シルバー・ベージュ
  • カフェオレ

そして、公認にはなっていないのですが、他にも以下の3色があると言われています。

  • シルバー・グレー
  • シャンパン
  • ベージュ

非公認の色も合わせるとなんと全部で14種類もあり、やはり選ぶ際には迷ってしまうのではないでしょうか。

JKCとは
JKCとは、Japan Kennel Clubの略称で、日本のケネルクラブ(畜犬団体)、一般社団法人ジャパンケネルクラブのことです。日本国内におけるイヌの品種の認定および犬種標準(スタンダード)の指定、ドッグショーの開催、イヌの飼育の指導、血統書の発行、公認トリマー、公認ハンドラー、公認訓練士などの公認資格試験の実施と公認資格発行などを行っている団体です。

トイプードルの毛色を選ぶ上での基準

トイプードルの毛色を選ぶ上で、基準にすることがいくつかありますので、ご紹介いたします。

あなたが毛色を選ぶ際の基準を、何にするのかを決める際に参考にしてみてください。

人気で選ぶ

トイプードルの毛色を選ぶ際に、人気の毛色にしたいなと考えた人も多いのではないでしょうか。

トイプードルの人気のカラーのベスト5についてご紹介いたします。

第1位 レッド

トイプードルの毛色の人気ランキング1位は、レッドです。

実際には、レッドというよりも赤茶色で、毛の弾力があり、体臭は弱めです。

元祖トイプードルのテディベアカットも似合い、愛らしさと元気さを感じさせる一番人気の毛色です。

第2位 アプリコット

優しい色のアプリコット(あんず色=薄いオレンジ)は、レッドに次ぐ人気のカラーです。

毛が細くて毛量と弾力が少ないく、ふんわり柔らかなため、皮膚が弱いので、ブラッシングは優しく撫でるように注意してやってあるほうが良いでしょう。

第3位 ブラック

トイプードルは元々、ブラックとホワイトの2色で、ブラックはオリジナルカラーの一つです。

成長しても色が飛ぶ事がありません。

目から爪まですべて黒色で、毛の色と目の色が同化しています。

毛量が多くて皮膚や骨が強く丈夫で、体臭は少し強めです。

第4位 シルバー

子犬の頃はブラックに近い色合いをしていてブラックと見分けが難しいですが、足のパッドと鼻の先が、小さい頃から白いのが特徴で、成長するにつれて色が抜け、本来のシルバーのように輝く上品な色合いへと変化していきます。

透き通った雰囲気の毛色で、毛が細く絡みやすいため、こまめにブラッシングをしてあげるようにした方がよいです。

第5位 ホワイト

2位のブラックと同様、ホワイトもオリジナルカラーの一つです。

綿飴のようなふわふわ具合がとても可愛いらしさを際立たせてくれます。

トイプードルの中でも上品に見える毛色で、カラーリングを楽しみたい人に最適ですが、トイプードルは皮膚が弱いため注意が必要です。

血統的にも安定していて、健康面でも安定しているのでトイプードル初心者はホワイトから入るのが良いかもしれません。

性格で選ぶ

トイプードルは毛色によって性格が異なると言われています。

その違いを知っておくと、毛色を選ぶ時に、一つの基準になりますよね。

もちろん、個体差によって性格は違うので一概には決められないですし、育った環境や飼い主の接し方などによって本来の性格とはかけ離れた子になることもあります。

なので、その辺は、予め念頭に入れておくことも大切です。

毛色ごとの性格の違いについて、代表的な色をご紹介します。

レッド

性格は、人懐っこく穏やかで明るく元気ですが、若干、落ち着きに欠けると言われることもあります。

ブラック

性格は、頭が良く落ち着いた性格で、全カラーのなかでも特に忠誠心が強いと言われています。

人と遊ぶのが大好きで水猟犬らしい賢さと行動力を兼ね備えていると言われています。

知能が高いため、しつけがしやすくおだやかな性格の子が多い傾向にあると言われています。

ホワイト

性格は、頭が良く、しつけがしやすく、従順さ、友好性があると言われています。

基本的に明るい性格ですが、疑い深く慎重な一面を持っていると言われています。

ブルー

性格は、他の毛色に比べて、ノーマルで、おっとりタイプでも勝ち気な性格でもないので、飼いやすい性格と言われています。

グレー

グレーの性格は、大きく分けると、温厚で甘えん坊なタイプと、警戒心と独立心が強く協調性に欠けるタイプ二分化されていると言われます。

どちらかに当てはまる場合が多い傾向にありますが、全てどちらかに当てはまるという訳ではありません。

ブラウン

性格は、陽気な性格だと言われますが、マイペース独立心が旺盛なため、しつけには少し根気が必要だと言われています。

アプリコット

性格はレッドに近いと言われています。

基本的には明るい性格であるものの、繊細で神経質怖がりで、わがままな面があると言われています。

お散歩の時間などに犬や他人と触れ合うことを怖がる傾向があると言われています。

クリーム

性格は、個性的マイペースな子が多いと言われています。

ホワイト同様に、飼い主に甘えるタイプで、多頭飼いをするには難しいと言われています。

やきもちをやいて寂しがり、飼い主の気を引こうとする行動に出ることが多いと言われています。

シルバー

性格は、飼い主には従順で温厚な性格をしておりますが、協調性があるタイプその間逆二分化されていると言われます。

カフェ・オ・レ

性格は、マイペース陽気な性格で、犬も人も大好きな子が多いと言われています。

シルバー・ベージュ

性格は、基本的には明るく優しい性格であるものの、神経質なタイプが多いと言われています。

値段で選ぶ

トイプードルの毛色によって相場が異なり、人気や希少な毛色・カラーだと最大5万円くらい値段が上がることもあります。

以下は大体の相場です。

15~25万円

  • ブラック
  • ホワイト

20~30万円

  • シルバー
  • レッド
  • アプリコット
  • クリーム
  • ブラウン
  • カフェ・オ・レ
  • ブルー

ただ、毛色値段が変わる条件の一つでしかなく、性別や年齢、毛質や種類などによっても異なることを理解しておきましょう。

なので、毛色に加えて性別や月齢、体型など条件を付け加えていくと、相場よりもかなり高くなってしまって、予算を超えてしまって手が出なくなってしまう場合があります。

そこで私がオススメするのが、ミスカラーパーティーカラーと呼ばれる毛色を持つ子です。

身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっている子をミスカラーと呼びます。

2色以上にはっきりと分かれているような場合もありますし、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。

ミスカラーやパーティーカラーの毛色をもつ子はJKCで公認されているカラーではないため、比較的価格も安く購入することができます。

性別や月齢、体型などの条件を叶えて、毛色をミスカラーの子を選ぶだけで値段を抑えることができます。

「ミス」とついているので、誤解されるかもしれませんが、健康に問題があるわけでもありませんし、後々健康状態が悪くなりやすいといったこともありません。

あくまでJKCに登録されているトイプードルの毛色とは異なるだけで問題があるわけではないのです。

強いて欠点をあげるとすると、コンテストの判断基準などで欠点としてみられてしまうことが多いのですが、コンテストに出場する犬でない限り、家族に迎える側としては全く問題ありません

また、ミスカラーを個性として捉え、あえてミスカラーの毛色を持ったトイプードルを選ぶ人もいたりします。

ミスカラーの子は、トリミングでミスカラーとなっている部分を強調したり、それを活かしたカットなどにすると、より個性を出すことができます。

是非検討してみてください。

まとめ

トイプードルの毛色を選ぶ際の基準について紹介してきました。

  • 人気で選ぶ
  • 性格で選ぶ
  • 値段で選ぶ

あなたは、どの基準で毛色を選ぶのか決まりましたでしょうか。

トイプードルの毛色を選ぶ際には、参考にしてみてくださいね。

毛色が決まったら、ペットショップなどで実際に見て触れて、お気に入りの子を見つけにいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ