【トイプードル】手入れやブラッシング!グルーミングとは?

トイプードルの手入れやブラッシングは大切です。

グルーミングは日本語に訳すと「毛づくろい」という意味になります。トイプードルを飼っているお家に行った時や公園で遊んでるのを見たりするとブラッシングなどワンちゃんのお手入れをしているのを見かけたことはありませんか。

そうそれがグルーミングです!

グルーミングは体や皮膚のダメージを防ぐとされており、皮膚病など健康維持の役割を担っています。トイプードルの手入れやブラッシングはグルーミングという総称としての一緒の役割を指しています。

この記事では、グルーミングの中でもブラッシングの方法や効果が分かるように書いてますので、ぜひご覧ください。

手入れやブラッシングの役割

引用先:https://wanchan.jp/osusume/detail/1866

グルーミングは毛づくろいの意味をしています。他にもブラッシングやツメ切りやシャンプーなどトイプードルの全身のケアをすることを目的としています。

グルーミングをすることで予防できる効果をご紹介します。

  • 健康管理
  • 愛情表現

健康管理

引用先:https://woofoo.jp/editors_desk/canine-medical-check/

近年は人間の健康管理が重要とされていますが、トイプードルも同様に健康管理が大切です。ブラッシングをすると全身が刺激されて血流が良好になったり基礎代謝を上げることができます。

ブラッシングをすることで、体に腫瘍ができてしまっていたりノミが付着してしまっていることが発見できて治療を早くすることが可能になります。

手入れやブラッシングをすることにより、トイプードルの体の変化に気が付くことができるので散歩終わりや入浴後にすることをオススメします。

愛情表現

引用先:https://maruone.com/blog/entry/23307

手入れやブラッシングをすることで、母親が子供の時に舌で舐められている感覚になるようです。トイプードルに愛情たっぷりに接して、手入れやブラッシングをすると信頼関係が築けるのでスキンシップとしても有効です。

子犬の時からやっていると信頼してくれるようになり、飼い主さんとトイプードルが同時に成長していくことができるようになります。

 

手入れやブラッシングの内容

引用先:https://dog-with.jp/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%84%EF%BC%81%E3%81%B5%E3%82%8F%E3%82%82%E3%81%93%E3%81%AB/

グルーミングはブラッシングだけでなく他にもやるべきことがたくさんありますので、代表的なものをご紹介します。

  • ブラッシング
  • ツメ切り
  • シャンプー
  • 肛門腺しぼり
  • 耳掃除
  • 歯磨き

ブラッシング

引用先:https://petpetlife.com/column_know-no-cutting-if-pill-was-done/

ブラッシングは、犬専用のクシを使って全身を撫でるようにやります。やる時間帯は飼い主さんによって異なりますが、友人の家のトイプードルは散歩が終わったときに行っています。

散歩に行くと、全身に汚れが付着しているので犬専用のアルコールティッシュで全身の汚れをふき取ってからブラッシングをしています。これをやるだけで最低限の体の予防はできています。

ツメ切り

引用先:https://petpetlife.com/column_how-often-toy-poodles-cuts-nails/

毎回ツメを切る必要はありませんが、こまめに確認する必要があります。トイプードルのツメは巻き爪になってしまったり、体毛と絡まってしまい病気ケガの原因になってしまいます。

飼い主さんがツメを切るのが苦手な場合はトリミング屋さんでもやってもらえます。そのためにも手入れやブラッシングをする際は必ず確認するようにしてください。

シャンプーと全身を乾かす

引用先:https://www.ipbs-edu.net/contents/what-is-toypoodle.html

シャンプーは月に1回程度にしてください。トリマーさんに聞いてみたら、何回もやってしまうと皮膚を傷めてしまい感染病にかかりやすくなってしまうとのことです。

散歩していて汚れてしまったときは例外ですが、トイプードルの健康を守るために基本的には月に1回程度にしてください。シャンプーするときは全身をドライヤーで乾かしてください。ドライヤーの温度が高くなってしまうと火傷してしまうので注意が必要です。

肛門腺しぼり

引用チャンネル:トイプードルの虎太郎

大型犬は肛門のうに強い臭いの分泌液を自分の力で排泄できますが、トイプードルのような小型犬は肛門のうに強い臭いの分泌液がたまっていて、最悪の場合破裂して出血の原因にもつながってしまします。こまめに肛門腺しぼりをすることで予防につながります。

耳掃除

引用チャンネル:machilogmovie

耳掃除は頻繁にする必要はありません。やりすぎると人間と同じように外耳炎などの炎症を引き起こしてしまう原因につながってしまいます。5日に1回のペースでケアしたらキレイな耳を保つことができます。

歯磨き

引用先:https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=38817

トイプードルも歯を磨かないと人間と同じように「歯周病」や「歯槽膿漏」などの歯の病気になってしまいます。トイプードルの病気の原因で高いのが歯の病気です。1週間に2回から3回行うと、キレイで健康な歯を保つことができます。

手入れやブラッシングに対する注意点

引用先:https://pettimes.jp/beauty/post2685/

最優先で考えることは、トイプードルが嫌がらないようにしてあげることです。飼い主さんが初めて手入れブラッシングをすると緊張してしまうことがありますが、緊張するとトイプードルにも伝わってしまうのが注意点です。

手入れブラッシングをするときは作業が終わった時にご褒美を与えると、最初のころはご褒美が欲しくておとなしくしていますが、慣れてくると気持ちいい事を覚えるのでトイプードルからくるようになります。

まとめ

手入れやブラッシングはグルーミング(毛づくろいの)という大きな総称としての意味があります。グルーミングを常日頃ひとつのコミュニケーションとしてしっかり習慣づければ、早期に「腫瘍」や「ノミ」の発見ができたりしますので健康管理につながります。母犬が子犬を可愛がるように飼い主さんが手入れブラッシングをするとトイプードルはとても癒され、愛情表現にもつながります。

無言で手入れやブラッシングをするのではなくしゃべりかけてやると、コミュニケーションが取れて飼い主さんとトイプードルの間で深い絆が生まれるので、楽しい時間を過ごすことができます。

人間もそれぞれ健康管理や美容をするようにトイプードルにも行うことで、健康で長く一緒にいる時間が作れるので手入れやブラッシングはコマめにしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ