トイプードルの月齢毎の体重推移は?標準体重はどれくらい?

お家に迎えたトイプードルの子犬がこれからどのくらい大きくなるのだろう…

他の子より少し小さいかも…大丈夫かな。

他の子より体重が重い。太りすぎなんじゃ…

そんな心配をされている飼い主さんもいらっしゃるのでは?

今回はトイプードルがどのように成長していくのか。月齢ごとの体重推移と成犬になってからの標準体重を説明していきます。

 

子犬の体重変化

トイプードルの子犬はだいたい100gから150g

重さの比較としてコミック単行本がだいたい170gくらい。

生まれたての子犬は手のひらサイズの小さい姿で生まれてきます。生後2か月になるとそんな小さな体が800gから1.2㎏ぐらいまで成長。

成長の早さにびっくりしますが、トイプードルの子犬は手のひらサイズだった生まれたての状態から生後6か月までに急激に成長していきます。この急激な成長の中でこれから生きていくうえでの必要な機能を身に付けていくのです。

ただし成長にも個体差があります。生後2か月で800gの子もいれば1㎏以上の子も。

おおよその目安ではありますが、生後2か月の体重の3倍または生後3か月の体重の2倍が成犬になった時のおおよその体重と言われています。

下の表は体重推移の目安表です。

生後2か月で0.8㎏なら成犬時にはだいたい2.5kgになる子が多いというような見方になります。

成犬時の体重 2.5kg 3.0kg 4.0kg
生後2か月 0.8kg 1.0kg 1.3kg
生後3か月 1.2kg 1.5kg 2.0kg
生後4か月 1.6kg 2.0kg 2.6kg
生後5か月 2.2kg 2.6kg 3.7kg
生後6か月 2.3kg 2.8kg 3.8kg
生後7か月 2.4kg 2.9kg 3.9kg
生後8か月 2.5kg 3.0kg 4.0kg

生後7か月から8か月までは体重が増えると思っていていいと思います。もちろん生後8か月以降も増え続ける可能性があります。成犬になる1歳半までは筋肉や脂肪の増加が考えられるからです。

そこで気になるのが「他の子より太ってるかも…」「少しやせてるかな…」

といった心配だと思います。

自分の友人の子は柴犬でしたが3か月でお迎えしたとき最初の体重測定で2.0kgしかなく、体を触るとあばらに触れるくらいでした(柴犬の3か月の体重目安は2.4kg)。

その後かかりつけの獣医さんの指導を受けながらご飯の管理をして今は毎日元気に過ごしています。

つまり自分の子が太っているかやせているかは体重だけで判断するのではなく実際に体を触って確認する事が大事ということです。

急激に成長していく子犬のうちは体を触ってあばらに触れるか触れないくらいの肉付きを目安にして成犬になったら少しあばらに触れるくらいの肉付きの状態を維持していきましょう。

ちなみに家で体重を量るときはワンちゃんを抱っこして体重計に乗ってそのあと飼い主さんの体重を差し引くやり方が簡単でおすすめです。

体重計も多種多様ですが、測定時にケガに繋がる恐れがあるので、包み込まれて少し動いても安定し落ちないようなものがベストです。

まとめ:生後6か月ごろまではぐんぐん育つ。それ以降は成長が落ち着く。

成犬時の標準体重。体重より体高?

子犬のうちに成長したトイプードルも1歳半を過ぎると成犬になり成長も落ち着きます。

成犬のトイプードルの標準体重は2㎏から4㎏の間と言われることが多いようですが、これはあくまで目安。

というのもトイプードルに体重の規定はなく、体高を基準にします。

トイプードルはスタンダードプードルを改良して作られたのでトイプードルの中でも体格に大きな差が出るからです。

JKC(ジャパンケンネルクラブ)で定められているトイプードルの体高は24㎝から28㎝となっています。

理想体高は25㎝。

引用元:https://www.jkc.or.jp/archives/world_dogs/1958

 

困ったときは動物病院で相談しよう

上記でも書いたように色々な目安はありますが、初めてトイプードルの子犬を飼った飼い主さんは自分の子が今後どのくらい大きくなるのか、体重管理はどのように行っていけばいいのか不安になるでしょう。

そんなときは動物病院に行って体重測定もかねて健康相談を受けるのがオススメです。

「体重測定だけで動物病院にいってもいいの?」

と思われる飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、体重は健康を知るうえで重要な情報。

このようなネット上の情報から知識を得るのも大事ですが専門家のアドバイスに勝るものはありません。

かかりつけの動物病院で体重を量ってもらいながら健康状態を確認してもらえば自分の子が今後どのような成長をしていくのかより具体的に知ることが出来ますし、獣医さんから今後愛犬にどのような体重管理をしていけばいいか詳しく教えてもらえるでしょう。

まとめ

トイプードルの適正体重はあくまで目安です。

自分の愛犬が標準体重を超えているからと言ってすぐに肥満傾向とは簡単には決まりません。

どんなご飯をたべているか。どのくらい活動しているかでも体重は変化しますし、同じ体高でも骨格がしっかりした子や筋肉質な子もいます。

大事なのは定期的に体重を測定して自分の子のベストな体重を知ることです。

自分の子がいつまでも元気でいられるように自分の愛犬の体重をこまめに量るようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ