トイプードルは何で無駄吠えするのか?無駄吠えしない対策とは?

トイプ君
「ワンワン!」「キャンキャン!」「くぅ~ン、くぅ~ン」

なんて、皆さんのワンちゃんも結構吠えたりしていませんか?

小さい犬ほどよく吠えるなんて事も言われてみたり…。

実際に、私もトイプードルを飼っている友人の家に遊びに行った時に、めちゃくちゃ吠えられて困惑したのを思い出しました。

皆さんも

  • うちの子めちゃ吠えるんだけど…何で?
  • 吠えないようにするにはどうしたらいいの?

と今、正にそんな疑問にぶち当たっているところではないでしょうか?

しかし、

  • 無駄吠えする理由もちゃんとあります!
  • その理由が分かればその対策の仕方もあります!

今回はその内容をご紹介していき、今のその悩みを解決していけたらと思います。

最後までお付き合い下さい!

 

吠えるという行為について

引用先;https://toypoodle.style/mudaboe

友人宅へ遊びに行った時のことでした。
友人もワン友の一人なのでトイプ君を飼っているのですが、その子の吠える様といったらハンパなかったのです。

私に対して、すでに玄関の戸が開いた瞬間に「ワン!ワン!ワン!」と吠えたくっていました。対面するや否や、飛びつくわ、吠えるわ、甘噛みしまくるわ、で元気がある子と言えばそれまでですが、正直きつかったですね。

友人には

いつもこんなんなの?
友人
そだよ。この子めっちゃ元気なんだよね!
と割とあっけらかんとした返答で、私も同じワンちゃん飼いの身としては少し心配になりました。

でも、私が

どうして吠える犬と吠えない犬がいるんだろうね?
と友人に何気なく問いかけてみると友人は
友人
まあ、犬それぞれもあるだろうけど、とりあえず何かうったえてるんじゃね?
と軽い感じの返しでしたが、

私は「確かにそうかも!」と何故か納得!

それからは、友人と「吠える吠えない」理由を調べて対策を試みることに。

ワンちゃんにとって吠えることは、ワンちゃん同士のコミュニケーションを取るためでとても大切なことです。人間も声に発して言葉で話すというように、ワンちゃんにはそれが吠えるという行為なのです。

その上に、人間と一緒に生活する環境に慣れていないというのと、初めて外の世界を体験することに緊張してしまい、吠える原因につながってしまいます。そうなってしまうと、人との信頼関係を築くことが難しくなってしまいますので、過剰に吠えるという行為に繋がるらしいのです。

そして、月日が経って友人宅を訪ねてみると、そこにはちょこんと座って大人しくシッポを振っているトイプちゃんがいました。

めちゃビックリです!

「何故そんなに変わったんだ⁉」と驚きながら聞いてみたら、無駄吠えする原因を徹底的に調べ上げ、あるものを実践していったそうです。

あるものについてはあとでご紹介していきますので、まずは無駄吠えの原因について探っていきましょう。

 

無駄吠えの原因⁉そもそも無駄吠えと捉えることが間違い⁉

引用チャンネル;http://ペットのブリーダーワンブー

動画を見ても分かる通り、ちゃんと理由があって吠えていますよね。知らない存在が自分のテリトリーの中に入ってくるから吠えているのです。

つまり、威嚇です!

ワンちゃんは何もしてないときに吠えることを無駄吠えと世間的に言いますが、そもそもそれって飼い主側が勝手に解釈してませんか?

そんな無駄吠えと思っていたことにもちゃんとした理由があるんです。

  • 自分の要求を聞いてもらうため
  • 恐怖心や威嚇
  • ストレスによるもの
  • 興奮状態になっている

主にこういった状況下で、吠えるようですね。
これを聞いて無駄吠えだと思えますか?そもそも、ワンちゃんにとっても訴えたいことがあるから吠えているのであって、それを無駄吠えだからと叱るという行為はナンセンスですね。

それでは、それぞれの理由と対策について説明していきます。

自分の要求を聞いてもらうため

引用先:https://sippo.asahi.com/article/10563253

ワンちゃんは飼い主さんと同じことをしたくなる習性があって、その例で飼い主さんと一緒に「遊んでほしい」や「同じご飯を食べてみたい」などがあります。ワンちゃんが飼い主さんと同じことをしたがるのは、よくある感情表現の一つです。

対策

この行動を解決するためには、あえてワンちゃんのことを無視をしたり遊びを強制的にストップさせたりすることが有効な手段です。制止しようとして止めようとする行動をしてしまうと、ワンちゃんが吠えると飼い主さんが遊んでくれると勘違いしてしまい、自己主張が激しくなっていく恐れがあります。ワンちゃんのしつけのためなので、最初のころは辛いですが飼い主さんは心を鬼にして取り組まなければなりません。

しかし、暴力などの行為は厳禁です。ワンちゃんは人間の言葉や行動を理解する知能が備わっていると言われいますので、あえて無視をしたり強制的に遊びをストップするなどの対策をしましょう。ワンちゃんが無駄吠えをしたら自分に嫌なことが返ってくることを覚えるようになります。そうなると無駄吠えをすることが徐々に減少していきます。

恐怖心や威嚇

引用先;https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=17387

ワンちゃんの世界にも社会が存在していて、社会を知らないと他のワンちゃんに対して恐怖心を抱いてしまったり威嚇をしてしまい無駄吠えにつながってしまいます。

対策

ワンちゃんは群れを形成して生活するので、人間の世界のことを知る必要があります。自分の家に友人が遊びに来るたびに警戒していたり、郵便屋さんのような配送する人がインターホンを鳴らしたときに反応して吠えてしまいます。

普段の生活からインターホンに慣れてもらう訓練をしたり、飼い主さん以外の人と触れ合うような訓練も行う必要があります。他の人と触れ合って訓練をするときは飼い主さんの友人など会う機会が多い人で行うのが有効的です。

特に子犬の時は成犬に比べると不安な気持ちが大きくなっているので、側にいて安心感を与えて恐怖心を抱くことや威嚇による無駄吠えが徐々になくなっていきます。

ストレスによるもの

自分の要求を聞いてもらうためや恐怖心を抱いたり威嚇以外で無駄吠えをしているときは、ストレスからきていることが多いです。人間もストレスを溜めすぎたりするとイライラしてしまいます。

例えば、飼い主さんが長い時間にわたってワンちゃんをお留守番にさせていたり、お散歩やおもちゃなどで遊ぶことができずに運動不足の日が続くなどストレスになることが連続してしまったら、ワンちゃんが心身ともにストレスを抱えて無駄吠えをしてしまいます。

このような時はワンちゃんの気がまぎれるようにする必要があります。飼い主さんがワンちゃんと一緒にたくさんコミュニケーションを取ったり、毎日のお散歩やおもちゃを使って運動をすることによって無駄吠えなどの問題行動が減少していくのでおすすめです。

興奮状態になっている

引用先:https://xn--n8jud0b.com/excitement/

無駄吠えしてしまう原因の中で最も多いのが興奮状態になっていることです。飼い主さんと遊んでいて楽しくなっていたり、他のワンちゃんと触れ合っているうちに楽しくなってしまい興奮状態になることが多々あります。

対策

ワンちゃんにも当然ですが感情があって、ワンちゃんが興奮状態になってしまったときには、飼い主さんは慌てずに落ち着いて対応する必要があります。そのためには、落ち着いて生活できる環境を作るようにしましょう。この時は体を撫でたり抱きしめてあげるなどをすると徐々に落ち着きを取り戻していきます。この時に絶対にやってはいけないのは叩いたり怒鳴ったりすることです。

 

対策について

引用先:https://wanchan.jp/osusume/detail/1293

まず、吠えるという行為を防ぐには、飼い主とワンちゃんとの間で意思疎通を図ることが重要です。しかし、ワンちゃんと喋ることはできないわけなので、どうやって意思疎通を図っていくのか?それがしつけと言う大切な役割となってくるのです。

トイレトレーニング、ゲージでの過ごし方、お座りやお手などの芸を覚えらしていく過程でワンちゃんの体を撫でたり抱きしめたりするなどの機会を設け、飼い主とワンちゃんがたくさんコミュニケーションを取ることで信頼関係を構築することができます。

信頼関係が築ければ、ワンちゃん自体は飼い主さんに吠えなくても分かってくれるんだと認識してくれるので吠えるという行為を抑制できるようになります。

そして、しつけによって信頼関係を築くということですが、注意して頂きたいポイントとして、しつけで失敗しても叱ることは絶対NGです。叱ることで悪いことをすると逆に注目してくれると勘違いしてしまったり、飼い主さんのことが怖くなってしまうなどが考えられます。

飼い主さんは良かれと思ってやったことでもワンちゃんにとってっは逆効果になってしまうので注意が必要です。

そして実は、ワンちゃんのしつけで有名な「待て」や「お手」などは簡易的にそれも即座に無駄吠えを防ぐ応急的な対策にもなっています。この時はワンちゃんが飼い主さんの目や声に集中しているので、わりと吠えなくなります。

ちゃんと言うことを聞いたら褒めちぎって、おやつなどのご褒美がもらえるということを繰り返し頭にインプットされるようにもっていきます。すなわち、言うことを聞かないとおやつなどのご褒美がもらえないというのを自然に覚えていくのです。

人間も一回で物事を覚えるのはとても難しいですよね。そのため何回も繰り返し同じことをやって頭と体に覚えさせています。

これは、ワンちゃんにも言えることでしつけは単発で行うのではなく何日も何回も訓練してやっと覚えられるようになります。無駄吠えを防ぐためには、時間がかかってしまう事がありますが根気よく相手してコミュニケーションを取るようにしましょう。

それでも、ついつい声を出してってしまうという方には変わりにダメだと教えてくれるグッズなんかもありますので併用して自分のストレスも軽減させましょう。

犬用小型犬無駄吠え防止装置 超音波
片手に収まりどこでも持ち運び可能

人間には聞こえませんが、ワンちゃんが嫌がる超音波が出る機械で、友人が遊びにいた時や郵便屋さんがインターホンを鳴らした時に吠えてしまったらこれを使うことによって、このタイミングでは吠ることはダメなことを学んでくれます。

友人の家でもこれと同じものを使用しています。上記のようなタイミングで吠えたときに鳴らすことを続けた効果は大きくて、かなり吠える対策に役立ちました。

劇的にワンちゃんを変えた方法

冒頭でもお伝えした通り、友人宅のワンちゃんが劇的に変わった方法をお伝えします!

それは、この Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材という教材を使って、短期間でワンちゃんの吠え対策に成功していたそうです。

言わば教材なのですが、ドッグトレーナー 飯島 志帆(いいじま しほ)さんという、犬のことならプロ中のプロの方、監修のもと作成されております。

静岡県でも有名な「ワンコ・ワークス」と言う、ペットホテルを経営しており、そのワンちゃん受け入れ実績頭数は2万頭以上!その膨大な経験とノウハウをまとめたのがイヌバーシティです。

教材と言ってもDVDタイプが主流の中、今のネット環境に応じた動画配信での勉強伝授方法となっているので、ピンポイントでやりたいしつけの動画を見たり、出先のドッグランなどでできるしつけ方法など、いろいろな場面に応じて学習することができるのでとても便利です!

とりあえず、ここでは良さを伝えきれないので
Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材
こちらをクリックして、詳細を確認してみてください!

あと一つだけ断言できるのは、その安さです!

総収録時間約1260分!DVD15枚相当
19,800円+税です!

最大で24分割できるので、日換算でいくと30円/日なんです!

毎日のペットシーツ代より安いですよね。(笑)

もちろん、そのしつけ教育方法を学べるので、その手に入れた技術は一生ものです!下手したらそのままドッグトレーナーとしても確立できるかもしれませんよね。

しっかりと、これからのワンちゃんのことを考えることができるならば絶対に損はないですよね!

Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ワンちゃんが無駄吠えするのにはちゃんと理由があって、飼い主さんはそれを覚え、ワンちゃんが何を訴えているのかをしっかり受け止める必要があります。

  • 自分の要求を聞いてもらうため
  • 恐怖心や威嚇
  • ストレスによるもの
  • 興奮状態になっている

上記の対策では、無視をしたり遊びを中断して対応する。普段から他のワンちゃんと触れ合ったり、飼い主さん以外の人とも触れ合って外の社会を覚えさせる。無駄吠えをしなかったときは思いっきり褒めてあげましょう。

なかなか自分一人では難しいし、不安だらけで間違った方法を取りたくないというのであれば紹介した教材なんかも活用してみるといいですね。

大切な家族の一員として、幸せな時間を築くためにもできるだけのことはやっておきたい、そんな思いあふれる悩みに少しでも役立ったらいいなと思っています。

お付き合い下さり、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ